1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】S-TALKのLet’S-TALK/第17回

【連載】S-TALKのLet’S-TALK/第17回

<隔週月曜日連載>

S-TALK/今日の動画

https://youtu.be/EYhWvb080CI




おこぜのバンドを始めた経緯とこれまで

やっほー◎
愛媛県松山市メロディックパンクS-TALKの
Ba.Vo.おこぜです。

本来ならGt.Vo.のあいさんの回なんですが
学校の方がとても忙しい時期なので
僕が書かせていただきます!

今回は僕がバンドを始めた経緯から今に至るまでを書いてみようかなぁ

僕が音楽を聴くようになったのは親が車で流していた「ゆず」が好きになったからです。

でも僕はCDプレイヤーを持っていなかったので車の中でしか音楽を聴くことができませんでした笑

そして小学6年生の時のクリスマスにCDプレイヤーを貰って、そこからより音楽を聴くようになりました。

中学1年生の5月、なんとなくCDプレイヤーでラジオを聴いているとそのラジオ番組のエンディング曲が流れてきました。

それが「爆弾ジョニー」の「なぁ〜んにも」でした。初めて聴く音楽にめっちゃ惹かれてバンドにハマって行きました。

https://youtu.be/OjgNw75RYa4

当時は「爆弾ジョニー」「ガガガSP」とかをよく聞いてましたね。僕は中学生の時に「ガガガSP」をかけて良かったなぁってマジで思います笑

https://youtu.be/5aZePk34RvA

あの曲がった思春期の時にめっちゃ刺さりしましたねぇ笑

そこから、クリスマスに貰ったCDプレイヤーで近所のTSUTAYAでレンタルしたCDを聴きまくっていきました。

そのTSUTAYAでたまたま「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ借り」をしたCDのバンドが「GOOD4NOTHING」やって、そこでメロコアに出会い、のめり込んでいきました笑

https://youtu.be/Og4bb1qIrLk

中学生の時は月1000円のお小遣いだったので、月に一本くらいしか借りれなかったので、1番曲数が多かった「GRATEST HITS!?」を借りていました。

一曲目の「Let’s Make The Future」から自分にとっては衝撃的で、こんな早くて、こんなにコーラスワークがあって、英語の歌詞で、、、

「なんかスゲェ!!!!!!!」

ってなったのをすごく覚えています笑

そして中学3年生になりました。

(中学3年生の頃のおこぜ君)

中学3年生は高校受験が待っています。

僕は中学生まで野球をしていたのですが、
もうバンドを聴くだけでなくて、
実際にやりたい!!!って感じになってたので
軽音学部がある高校にどうしても入りたかったんです。

僕は公立の高校に進学しようと考えていたのですが、近くの公立高校に軽音学部がある高校が1校しかなくて、

しかも自分の偏差値では全然合格が厳しそうな高校でした。

でもどうしてもバンドをしたかったのでその高校に合格するために、めちゃくちゃ勉強をしました。

担任の先生には「何でここに行きたいん?笑」って言われたんですが、「バンドがしたいから」って言うのがなんか恥ずかしくて「ん?まぁ、なんか、そーっすね笑」みたいな感じでめっちゃ濁していました笑

いい思い出。

そして勉強した成果も出て何とかその高校に入学することができました◎

別にバンドなんて軽音部に入らなくてもできたなーとは思ってるけど自分にとっては1番の近道で「部活」がバンドを始める上で都合が良かったです。

そしてエレキギターを買い、バンドを始めることができました。

初めてライブをした時は「スピッツ」の「チェリー」と「MONGOL800」の「小さな恋の歌」でした。

(当時のバンドLazy Drop’s笑)

その時のライブの精算で「2曲しかしてないのにこんなにお金取られるん!?」って正直思いました笑

高校生の時はバイトが出来るほど時間もないし、そもそも禁止させられていたので、お金がなくて当時のノルマ10000円ちょっとが自分にとって凄く高くてびっくりしましたね笑

「は?無理やん」

ってちょっぴり思いました笑

その時、地元のライブハウス「尾道BxB」の店長今谷さんと出会いました。

当時の今谷さんはデカくて、長髪で、半分金髪で、髭が生えてて、、、

今まで関わることのなかっためっちゃイカつい人って感じでした笑

「こんな見た目じゃけぇ、相談とかしやすいじゃろう、いつでも話しかけにきてくれぃや」

って言われたのをすごく覚えてます笑

「そんな見た目じゃけぇ、話しかけにくいんじゃろうが」

って思いました。

そして時間が経ち軽音学部が僕たちの代になりました。

それまでに出たライブが4本くらいしか無くて、今谷さんとも関わる事はあまりなかったんですが、

「ライブしてみん?」

って連絡をいただけました。

当時「もっとライブしようや、バンドしようや」みたいな気持ちを持っていて、ギターをしていた友達に「俺ベースしてみるけぇ、一緒にバンド組んでみようや」と誘ってバンドが始まりました。

そしてドラムも当時ギターをしていて、どの楽器もある程度できる都合の良い友達でした笑
そいつに「お願い!ドラムしてみてくれ!」って言って3人でバンドを始めました。

その名も「ザ・PON狐two(ザポンコツ)」笑

(当時のアー写笑)

今思うとザ・PON狐two(以下ポンコツバンド)を始めたのが今もバンドを続けるきっかけになったなーと思います。

そしてポンコツバンドでの初ライブは「Hi-STANDARD」と「ELLEGARDEN」と「太陽族」と「GREEN DAY」のコピーをしました。
(なんで太陽族がここにいるんや笑)

ライブ後、店長今谷さんと毎回話をさせてもらって次出るライブも決めて、、、

本当はお金がないのでノルマ分支払えないから2ヶ月に1本くらいのペースでお願いしていいですか?って感じだったんだけど、

気がついたら月3本とかになってて笑

そんな状態に気を遣ってくださって

「学校帰り平日には友達とか塾やら部活で呼ばないだろうから」

と凄く低くノルマを設定してくださったりして、なんとかそれくらいライブしてもお金は回りました笑

多分高2の時のお小遣いは全部バンドに吸い込まれてたけど笑

(今思うととても申し訳ない、)

当時ポンコツバンドは僕が今出ているような
ツアーバンドのブッキングイベントに出させて頂いていました。

ツアーバンドはどのバンドも自分達の曲でライブをしているので、やっぱり自分達の曲が欲しいよな!となって曲を作るようになりました。

当時の音源をサブスクに上げてるんで聞いてみてください笑

この曲達が自分の作詞作曲の原点笑

ポンコツバンドは元々3人でやっていたんですが、スリーピースバンドを楽器初心者がやるのハードルが高く感じて、1番可愛がってた後輩に入ってもらって4人でバンドを続けていました。

(4人になった時のアー写、バンドっぽくなってきたでしょ?笑)

当時のポンコツバンドのライブ写真も少し貼っておきます。

ポンコツバンドはボーカル始めて半年、ベース初めて半年、ドラム初めて半年、みたいなメンバーだったので演奏はめっちゃ下手でした笑

今思うと楽器の練習をしろよと思うんですが、当時のポンコツバンドは「演奏がダメならそれ以外の所で!」みたいなところがあって、コントみたいなライブをしてみたり、フォーメーション(?)を変えてみたりみたいな事をしてました。

それでも「ポンコツ、面白いから好きよー」って言ってくれる人がいたり、「コントみたいなライブじゃな笑」って言ってくれる人がいたりして、嬉しかったのをめっちゃ覚えています。

演奏がいいとはほとんど言われた事はないな、笑(良くはないけど他の部分で良いって思ってくれる人がいたので全然オッケーだと思うけどね笑)

その時に多分自分のライブに対しての考え方ができてきたんかなと思います。

それは自分の中で変わってなくて、

「何かで魅せれたらいいや」
「つまらんって思われなければいいや」
「誰かがいいって言ってくれたらいいや」
「楽しかったら何でもオッケー」

みたいな考え方。

これは間違ってるとも思うし、それでもいいとも思います。「ライブ=エンターテイメント」なんで。根本「は」自分が自分のためにやっている事だし。(もちろんそれだけではダメだけど)

まぁそんな風にポンコツバンドを続けて行って無事、高校を卒業しました。進路はメンバーみんなバラバラなので、ほとんど活動はできなくなりました。

今でも仲良く、地元帰ったら絶対会うし、絶対スタジオ入ってるけどね笑

ありがたいことに、尾道BxBの中津さんが毎回帰省のタイミングで誘ってくださってるので、細々とポンコツバンドの活動は続けています。

去年の春には卒業してから初めてポンコツバンドで企画打ったしね笑

(その時の写真)

そして、高校を卒業した後、僕は愛媛の大学に進学しました。

ポンコツバンドの時に対バンさせてもらったバンドで大学生でツアー回ってます!みたいなバンドが沢山いたから、絶対大学でもバンドはするんだ!と思って入学しました。

その時にちょうどコロナ襲来。

高校の時と同様にサークルでバンドを組もうと思っていたのに、入学時にはサークル活動は一切できなくなっていました。

どうしてもバンドがしたからったので、入りたいなと思っていたバンドサークルの人らしき人達のSNSをフォローしまくって、

「あー、バンドしたいな」みたいな事ばかり発信していました笑

ちょうどその時ベースを探していたのが後のS-TALKで、僕はそこに拾われるような形でメンバーとなりました。

そして愛媛県松山市S-TALKのBa.Vo.おこぜとなりました!笑

「ゆず」を車で流してた親、
「CDプレイヤー」くれたサンタクロース、
何と無くラジオをつけた自分、
近所にあったTSUTAYA、
高校受験頑張った自分、
ライブ沢山しようやって集まったポンコツバンド、
気にしてくださった地元のライブハウス、
愛媛に進学した自分、
色んなターニングポイントで関わってくださった方々、

ぜーーーーーーーーーんぶナイス!!!!

あなた達のお陰で愛媛県松山市メロディックパンクS-TALKで活動できています。

僕は今でもバンドができていて幸せです◎

以上!おこぜでした。

次回のライブは

2/26@高知ri:ver『クロルピクリン』

3/3 @神戸KINGSX『フジプレvol.161』

久しぶりの高知と神戸!
近くの方は是非いらっしゃいましー!!!

アデュー

S-TALK/おこぜ(Vo./Ba.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事