1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】カセットテープに吹き込んで/第10回

【連載】カセットテープに吹き込んで/第10回

<隔週金曜日連載>

PUTAINS/今日の1曲

https://youtu.be/LQfoiqPpVL8




第10話【取るか離すか】

PUTAINS(ピュタンズ)によるA面とB面からなる小話。
そのお供にお勧めの曲も紹介しているので、聴きながら楽しんでもらえたら幸いです。
さて、今日はどんなお話なのか・・・

A-side

Who Can Say/The Horrors

https://youtu.be/yNjcSgU0Nrg

「お湯はりをします。お風呂の栓をしましたか?」

最近のお風呂はボタン1つでお湯を沸かしてくれる。
人感センサーによって、入っている人間の体温や入る時間などを記憶して、常に適切な状態でお湯を提供してくれる。
これほどまで進化した技術なのに、気になる事がある。

「お湯はりをします。お風呂の栓をしましたか?」

「自動」というボタンを押すと、女性の無機質な声が響きわたる。
この時、私はすでにお風呂の栓をしていた。にもかかわらず、お風呂の栓をしたかどうか質問してくる。
つまり、栓をしたかどうかのセンサーがついていないので確認できないわけだ。
ここにセンサーをつけて、お風呂の栓をしていたら何も言わずにお風呂を沸かす。
お風呂の栓をしていなければ、「お風呂の栓が閉まっていません。栓をしてください。」と言う。これでお願いしたいのだ。
栓をしているのに、「お風呂の栓はしましたか?」と毎回質問されるのがイラッとする。
惜しいよ。あと少しだ。改良お願いしたい。
人間の欲は果てしない。

B-side

The Modern Age/The Strokes

https://youtu.be/RzO7IGWGxu8

ある日、私は革命児となった。

都会では絶滅したかもしれないが、私の田舎町では回覧板がある。私の地区では週1〜2程度で頻繁に回ってくる。
小学校のスポーツ大会の案内。町内会長のメッセージ。スポーツヨガのイベント案内。いろいろあったが、すべて私には必要のないお知らせばかりだった。
また、引越しして住み始めた場所なので周りには知り合いはいないし、交流を深めようとも思っていなかった。
つまり、私は
「回覧板だるいなぁ」
と思っていた。
なんせ、頻度が多すぎる。私も次の家へ持っていかないといけないからとても面倒だった。
そこで、私は行動に出た。
白い用紙に無記名で「現在コロナ禍で、大勢の人が1つの回覧板を共有するのが耐えられません。回覧板を回すのをやめてもらえませんか?」と書いた。
本音は別のところにあるが、もっともらしいことを書いて、回覧板に挟んだ。
2日後。また、回覧板がきた。
「なんだと、やめてほしいと言ったばかりなのにもうきやがった。」そう思って開けると
「住民の中に回覧板をやめてほしいと言う意見が出ています。コロナ禍ということもありますが、今後、回覧板をするべきか、廃止すべきかアンケートをとります。以下の箇所に記入をお願いします。」
なんか、動き始めた!!
およそ30世帯で回している回覧板では、私は最後から3番目。つまり、27世帯は回答済みということだ。
私は興奮を抑えられず、下に記されたアンケートの表を見た。すると、驚きの結果だった。
27世帯すべてが、回覧板を廃止すべきと回答していたのだ。
私はとんでもないことをしてしまったのではないか。そう思ったが、もう後戻りはできない。私もアンケートに廃止と記した。

その2日後、また回覧板が回ってきた。
「おい。いい加減にしてくれよ。9割以上廃止と言ってるのにふざんけんな。」そう思って開くとそこには、

「回覧板廃止のお知らせ」と書いてあった。

「それをやめんかい!回覧板廃止のお知らせを回覧板使ってお知らせするな!」とつっこみたくなったが、少し心がピリッと痛くなった。
長く続いていただろう、1つの文化を終わらせたのだ。歴史上の人物も時代を変えたときこう思ったのだろうか。

その後、回覧板は本当になくなった。しかし、今度は町内放送でのお知らせの頻度が上がった。
「うるせぇ!!」

何かを得ると何かを失う。

PUTAINS/MYSK(Gt./Vo.)

PUTAINS

オフィシャルサイト:https://putains.wixsite.com/putains-official

Twitter:https://twitter.com/putains2016

Instagram:https://www.instagram.com/putainsofficial/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC_37-tDdNF7GycLnjY3sRsA

AppleMusic:https://music.apple.com/jp/artist/putains/1494427506?ct=artists_putains&ign-itscg=30200&ign-itsct=toolbox_linkbuilder&ls=1%2C1




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事