1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】白航・綾香の四季のまにまに/第6回

【連載】白航・綾香の四季のまにまに/第6回

<隔週木曜日連載>

白航/今日の1曲

https://youtu.be/hvYH31VX6L8




その時心は何かを話すだろう

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
白航vo.&key.綾香です。

なんだかご無沙汰な気がするのは、私が前回の連載を間違って了さんに任せちゃったからです。リマインダー痛恨のミス、うっかり笑
文句も言わず書いてくれて感謝しかないです。素晴らしく仕事のできるメンバー(持ち上げておく)

今年のお正月も私は、実家でおせちを食べたり、親戚に会ったり、初詣に行ったり、おみくじ引いたりと典型的な日本のお正月を楽しんでいました。

正月の終わりを受け止めていない私

皆さんも少しはゆっくりできましたか?
できてなかったら、しろ、今。自らを甘やかせ。

昨日たまたまclubvijon にお邪魔したら、店長の松藤さんが書き初めコーナーを作ってたので一筆描きました。今年の目標は「余裕」ってことに決定。ギリギリをいつも攻めすぎてるから、何事にも余白を持たせて大人女子を目指したいところです。

親戚といえば、私の母はサザンオールスターズが大好きなのですが、ある時ふとテレビを見ていて私が気づいた事に、うちの祖父は桑田佳祐さんに似てるんですよね。雰囲気が。その事を伝えたら母が「そうかもしれん」と言って少し照れていました。お父さんっ子だもんね。

桑田佳祐さんの新曲で「Soulコブラツイスト~魂の悶絶」という曲が最近よくテレビで流れていて、ビートたけしさんの「浅草キッド」の映画主題歌になっているらしいです。

https://youtu.be/4jn41JBHRbs

私はテレビドラマの「菊次郎とさき」からビートたけしさんの描く昭和時代と人間模様の大ファンなんですが、その雰囲気に曲がぴったり合っていて、涙が出そうになります。(まだ観てないのに)

ただコブラツイストを聴いていると、ふと別の曲を思い出して。それが尾崎清世彦さんの昭和を代表する名曲「また逢う日まで」なんですよね。サビのコード進行もちょっと似てるし。

あの時代ってキラキラしてて眩しくて、でも戻れないもどかしさが曲に詰まってて、それが現代を生きる者としては悔しいですよね。
「昔はよかった!」って言われても「その時代知らんし!生まれてないし!」みたいなもどかしさ。

私たちが今聴いている曲や、演奏している曲も時代もいつかそうなるんだろうか。そうなればいいのにと思います。

また逢う日までといえば、この記事が公開される頃には、我らがサポートギター岡林氏との最後のライブ(1/18 @南堀江knave)が終わっている頃ですね。

ツアーを初め、半年も支えてもらいました。本当に助かったし、いいギターを弾いてもらいました。すごいギタリストです。ありがとう。

これから白航はどうなっちゃうんでしょうね、ふふ。ご期待ください。

ではでは、また。

白航/綾香(Vo./key.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事