1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Un feminineの○○○/第18回

【連載】Un feminineの○○○/第18回

<毎週水曜日連載>

Un feminine/今日の1曲

https://youtu.be/xptZvR-eL4I




「冬って人肌恋しくなる」とか言うけど結局どの季節も恋しんだろ素直になれよ

ぱんぱかぱーーーーーーーん
Un feminineのギターのボーカルのかえでですしゃきーん

あっという間に2022年12分の1が終わってしまいますねえ、今年もすぐ過ぎ去るんだろうなあ、いとおかし。

2022年初ライブ1/14北堀江club vijonありがとうございました〇

そしてこのライブでBa.やすかわけーごUn feminine脱退となりました。

長ったらしく思い出を語るのは、けーごくんと2人でよくしているのでここではあんまりしません。

あんまり面と向かって言えなかった感謝とかいったら臭いけど感謝とかなんやらをここでこっこり呟いておこうかなあと。

けーごくんと初めて会ったのは2020年11月のこと~

“Un feminine”としての初ライブが決まった矢先、

メンバー2人とも抜けてなんとかせねばと奮闘した私は皆さん御用達(であろう)あのメンバー募集サイトにてけーごくんと知り合いました。

「12月にライブが決まってるんですけど、メンバーが抜けちゃってどうしても出たいんですけど1ヶ月で曲コピーして一緒にライブに出てくれませんか。」

というひっちゃかめっちゃかちゃっちゃかちゃな文章をお送りしたところ、なんと快くOKしちゃったのがやすかわけーごなんですね。

ここから彼の波乱万丈バンドマン生活が始まります。

一旦は12月のライブに出演して、これからUn feminineとして活動していくかとかはその後おいおい喋っていきましょう~ってな感じで、

こんなはちゃめちゃボーカルについて行きたいなんて思ってくれないだろうな~と思っていたのものの、彼は「これからも一緒にバンドをやりたい」だなんていうじゃありませんか!!

ありゃ、びっくり。

私たちは境遇が結構似ていて、

私が高校生の頃からバンド組みたくて5年間ほどうろうろしていたみたいに、

けーごくんもバンドに入ってはクビ、入ってはクビという経験を経て数年間ノットバンドマンだったんですね。

けーごくんと2人でバンドを始めて、ドラムが入ったりして、新しい曲を作ったりライブを繰り返していく中で出来上がったのが先日配信スタートされた『醒めないで』でした。

https://youtu.be/lhcrg_Mfu-c

けーごくんとよくスタジオ終わりに三角公園でそりゃあもう語ってたんです。これでもかってくらい。

自分たちのこれまでとか、これからとか、とにかく「バンドできて嬉しいね」っていう会話の中で「私これ歌詞にできるわ!」と立ち上がり走り去り勝手に帰りラジバンダリ。まあ嘘だけど。

そんな会話をした次の日の昼に
家でギターを弾いていたら「あっ、、、」ってなるフレーズがあって、これは今日のうちに完成させなきゃと思ってアコギを持ってカラオケに駆け込み爆速で出来ました。

たぶん今までの曲の中で1番ピンと来た。
二人で聴いてちょっと泣いた。

多分前世で本当に兄妹だったんじゃないかと疑うくらい仲が良くて、似ていて、こんな人には多分もう出会うことはないんじゃないかって思う。

けーごくんは、Un feminineが売れることを信じて付いてきてくれて、それと同じくらい、私も信じてるし、大きいステージで横にいるのはあんただって思ってたよ。

もうステージ上にはいないけど、客席のどこにいても絶対見つけてやる。覚悟しろ。

ここまで長々と読んでくれてどうもありがとうございました。

これからもUn feminineはなんとかかんとかずーっと活動していくので皆さん、引き続き応援してくださいね、絶対。

Un feminineかえででしたっꐕ ꐕ ꐕ

p.s.倉田さんへ、まともに書いたらこんなに長くなりました。すみません。

Un feminine/かえで(Vo./Gt.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事