1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第20回

【連載】RAYSAのおつかれいさだもんで。/第20回

<毎週金曜日連載>

RAYSA/今日の1曲

https://youtu.be/odPGdlTN3wM




いつもありがとうの気持ちが湧き出た

おつかれいさ!

いつも連載読んでいただき、ありがとうございます。早いもので20回目。なんだかんだで1度もお休みせずやっております。なんかね、「忙しいので連載休みます」って自分に負けた気がするのでちょっとやそっと忙しくても連載はお休みしたくないです。自分から連載をやると言っておいてなんだよ!って思うのでしょう。他人にも負けず嫌いだし、自分にも負けず嫌いな性格です。あまり表には出さないけれど。だから少しでも良いから書いて出す。続ける事に意味があると思います。SNS更新してても連載書けないですとか、自分はダサいと思います。その思想を他人には押し付ける気は勿論無し。表現者として、表現の虫でいる。

さてさて、私は先日2022年のライブ初めでした。1/8、渋谷La.mama。とっても楽しかったです。観てくれた皆様、本当にありがとうございました。
ちなみにサムネイルはラママの大ジョッキの生ビールです。この前のライブは昼頃に出番が終わって、イベント自体は夜まであったので、お酒とともに音楽聴いていました。

新年一発目のライブは、今RAYSAを知ってくれていて好きでいてくれていてライブを観てくれる人たちに向けて演奏出来て、とても幸せでした。
それを言うと「頑張っているミュージシャン」感が出ない(そもそも出てない)かもしれないけれど。別の方のファンを奪うとか、ファンになってもらうとか、そういう気合があるのが「頑張っているミュージシャン」っぽい。そういう気持ちがゼロかといったら無論そうでもない。でもやっぱりRAYSAの音楽を、RAYSAのライブを愛してくれる人に向けて歌を歌う事はとんでもない気持ちよさがあった。観てくれる人は事前に分かっていたから、意識してセットリストを組みました。幸せでした。

創作は孤独だし、根底にある自分自身の暗い部分と向き合う事で鋭いものを生んでいきたいと思っています。私の居場所となった音楽は、いつも私の寂しさに寄り添い、言えなかったことを代弁してくれたから。私のエゴと理想に過ぎないけれど、それはきっとかつての自分のような境遇の人や今闘っている人の居場所になると信じている。届く人に届けばよいのだと、ある種の言い聞かせのように今日も今日とて創作。

ただ、他者との触れ合いを昔ほど恐れることはなくなり、楽しい日々を送れる事で、より良い音楽がどんどん生まれる。本当に周りには感謝している。ありがとう!

音楽をやっている者として当然の事ながら、私は音楽が好きだ。しかし、一般的に多感な時期と呼ばれている思春期、流行りのJ-POPは好きになれなかった。今思えばあの頃からひねくれていて、流行りの曲は薄っぺらいとか綺麗事ばっかりだとか思っていた。あと同じ曲に聴こえるとか。考えて考えて考え抜かれたような歌詞やその人らしさの出るメロディーに惹かれた。今、私の音楽を聴いてくれた人からいただく言葉は、あの頃私が好きだった音楽に対して私が思った感情によく似ていて、ちゃんと叶えられているような気がして嬉しかった。本当に。

自作のオケと弾き語りを組み合わせたオケガタリ、力強さ、斜に構えた歌詞。正統派の女性シンガーソングライターと言えないこの部分に私は苦しむ事もある。でもそれ以上に貫きたい自分の表現があるし、守りたい居場所がある。私の音楽だから、私は私だから、きっと失うものや得られないものはそれなりに多いのでしょう。でも私だから得られることもきっとあると思う。それは読者様も同じだと思います。私の音楽を好いてくれる人は真面目で不器用な方が多い気がします。そして何かしらのコンプレックスを持っている(イメージ)。つまるところ私に似ているところがある。だから一緒に楽しく生きていきたいなと思います。先日のライブは特に、強く、そう思った素晴らしい1日だった。

これからも期待していて。もっと輝きます。

ではでは。
おつかれいさでした!

RAYSA




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事