1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】青い紫陽花VONの人生漂流記/第11回

【連載】青い紫陽花VONの人生漂流記/第11回

<隔週火曜日連載>

青い紫陽花/今日の1曲

https://youtu.be/bMHVBVhffRg




サウナの話②

明けましておめでとうございます!

VONです!
今年もよろしくお願いしますー!

そんなこんなで今回は前回のサウナのお話の続きで
実際にサウナに入っていこうと思いますー!

入り方なんて大層なものなんてなく

サウナに入って、座る。
そして頃良いタイミングで出る
単純にすることはこれだけなんですよね

ただ
単純だけどみんな良いサウナを求めちゃうんですよー

よくサウナには何分入ればいいのですかと聞かれることが多いのですが

それは前回書いた通り、
その日の自分のコンディション
そしてその施設のサウナの環境によって変化します!

だから、
サウナーは自分にとってベストなサウナ環境を求めてサウナを巡っているんですよね!

そこで重要なのは
サウナの温度と湿度のバランス!

温度は高い方が良いと思われがちですが
湿度がなく単に温度が高いだけでは、
体感は意外と暑く感じない

逆にある程度湿度があり、それほど温度が高くない
サウナの方が体感は暑かったりします。

例えば
前者を湿度なし110℃のサウナ
後者をある程度湿度があり90℃のサウナなら
後者の方が体感は暑いはず

これは空気と水の熱伝導の違いで水の方が熱伝導がよく
温度を伝えやすいからなんですね

よって個人的にはある程度湿度のあるサウナの方が身体を温めやすく好きです。

ただこれは好みなので自分の好きな温度と湿度バランスのサウナを見つけるのが
いいと思います!

次にサウナの広さと構造も大切な要素です。

これはもはやライブハウスと同じだと勝手に思っています!
ライブハウスもどこで音を聴くかで違うように
サウナも入ってどこに座るかで温度の感じ方が違います

一般的にサウナは何段かに座る場所が分かれており、
一般的に2段や3段に分かれていることが多いです

ここで上段に行けばいくほど温度は高く
下段に行けばいくほど温度は低くなります!

これも好みで早く温まりたい方は上にいき
じっくり温まりたい方は下に座るのがお勧めです!

また広いと場所によって温度ムラがあったします、
ストーブの近くは暑いが遠いと寒かったり。

もはやストーブの位置と数はスピーカーの位置と数と同じですね

あと人の入り具合によっても変わります。

人が多いとその人を温めるために熱エネルギーが吸収されるので
温度が温まりにくくなります!

お客さんの入り具合でベースが人に音を吸われるのと同じ感覚

だから温度の感じ方は施設やその時の座る場所、状況によって変化するので
もはやライブです!

ですので単純に一定10分入ればいいですよ!
と勝手に言えないわけですね!

自分のベストタイミングを見つけるのが難しい!

だから、最近は自分の心拍を計測してベストな出るタイミングを探すことが多いです!

この方法の方が自分に合っているなと最近思いました!
今までは心臓に手を当てこれくらいになったら出ようと決めていましたが
最近は安いスマートウォッチをつけて心拍を計りながらサウナに入っています笑

まあここまでやらなくても全然大丈夫なので

時計を見るよりは自分の心拍数を測る方がいいよといううぐらいに
心に留めていただ帰ると幸いです。

温まったあとは汗を流して水風呂に入りましょう!
心臓等の持病等お持ちの方は気をつけましょう!

水風呂についても入る時間は自分の好みになって来るのですが

水風呂にゆっくり入り鼻の息が冷たくなってくるまで入る方が
僕は好きです!

水風呂が苦手という方も多いですが
最初の5秒我慢してください!

そうすると身体に羽衣に包まれて冷たさが和らぎます!

水風呂の温度については

おおよその温度のイメージを書いておきます

18℃〜20℃  ちょっとぬるいかな❓
16〜18℃          標準的❓
14℃〜16℃       結構冷たいね❗️

こんな感じです!

僕は冷たい水風呂が好きなので14℃〜16℃の水風呂がちょうどええです!

水風呂を上がると次はお待ちかねのととのいタイムとなります!

と今回はここまで!
次回に続く!

今日の一曲

チセツナガラ/ひかりのまち

青い紫陽花 /VON(Ba.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事