1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】ポルネオ倉庫〜コラム編〜/第32回

【連載】ポルネオ倉庫〜コラム編〜/第32回

<毎週金曜日連載>

Portoneon/今日の1曲

https://youtu.be/UkVI6fyY2_0




ずっと浮かれてます、ええ

Portoneon(ポルトネオン)うえでぃーです。
ちょっと年末から実はずっと浮かれている。
っていうか今日のコラムはあまりにもニッチすぎて危険な気がするけど書きたいことを書く。

年末にYouTubeでチャンネル登録者1,000人を超えた記念に、ある企業さんがぜひ使ってくださいとSONY α7SIIIというカメラをプレゼントしてくださったのだ。

このカメラは僕が1年YouTubeのために買ったはずのカメラに案外どっぷりとハマってしまい、いつか手に入れようとしていたカメラだ。

というか今年買おうと思っていたが、近年の半導体不足なども相まってなかなかタイミングが掴めないし、なんならそもそも民生機最高峰の動画カメラと言われているこの名機。
初めてカメラを買おうとしていた時、なんとなく3〜4万で買えるだろうと見積もっていたあの頃の価格を遥かに超えていた。

ただまあ1,000人超えたら自分を引き締める意味で買おうと思っていたところにこういった奇跡のタイミングが重なりまくって年を跨ぐ頃には手元にα7S IIIが届いたのだ。

一般的なミラーレスカメラが8bitに対してこいつは10bit。
なんのこっちゃだとは思うが、わかりやすく言えば赤にはたくさんの赤がある。黄色も緑も青もそう。

そのグラデーションを表現できる色の数は8bitだと約1600万色。
対してこのα7S IIIは10bitで突如表現できる色のグラデーションが約10億色になる。

そんな細かいのわかる?と言う人も多いが周りで一切カメラに興味のない知り合いが口を揃えて「このカメラ色やばすぎ。全然違う。」と唖然とするレベルだ。

もっともっと語りたい馬鹿みたいにオタクの領域(高感度耐性でISO12800でノイズが一切ないとか、4K120pで内部収録可能、外部には16bit RAWで出せてしまうなど)はあるがこれは興味ある人だけまた話そう。ここでは割愛する。

おそらく次週からの火曜日企画、1月最後の木曜日企画からはこいつがメインカメラとして使われているから本当に体験してほしい。

いや、これはただのエゴだけど。
うちのYouTubeは2160pの4Kで再生できるからなんならそれで観てほしいわけだ。

うん。エゴだけど。

YouTube頑張ってよかった〜。
というかいいことしかないなYouTube。
知ってもらえる人は増えるし、思い出は残るし。デメリットがない。

特に来週からの動画はこのα7S IIIを2台、α7IV(先日出た新しいカメラ)を1台で収録予定なので(というかこれが出てる日に撮ってる。ギリギリやな今回)ぜひ色もグッと観てやってほしい。

いやあかん。まだまだ語れる。
今日も朝から1日中この新しいメインカメラを使ってクタクタなはずなのに愛が止まらん。

ギターを弾いている時くらいワクワクする。
ここに来て新しい自分が覚醒している感じがしてゾクゾクもする。

もちろん今まで使っていたカメラもサブ機として置いているが、このα7S IIIは映像に革命を起こした名機としてSONYユーザーからは絶大な支持を受けているのがよくわかった。

ほんまにこれ使ったら他のカメラ使えないっす。

ここからさらにYouTubeは爆速で映像も編集もテーマも進化させて行くし、2022年始まったばかりだけどとにかくたまらなく冒険心をくすぐるスタートを切れたことに異論はない。

Portoneon/うえでぃー(Gt.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事