1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第70回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第70回

<毎週金曜日連載>

ネコレクション/今日の一曲

https://youtu.be/kdmifvsWgXs




2021 についての考察

大晦日ですね。
ちょうど第18回の連載が1月1日だったので
2021年の年初めと大晦日に記事を連載させてもらっているんですが
と言う事は今年は金曜日で始まり金曜日で終わる訳ですね。
だから何?となりますが
2021年1月1日~12月31日までの間に
第18回~今回が第70回まで53記事、書かせて頂きました
2022年も皆勤賞で書いていこうと思ってますので
来年も宜しくお願い致します。

今年を振り返ると
【1月】は
ハヤシライフを結成ですね。

そう考えるとまだ結成から1年経ってないんですね。
ハヤシライフの初ライブはスリーマンでサビ以外が
フリースタイルでしたね。

【2月】は
宇佐美みおちゃんのワンマン用に
個人としてコント台本を書きましたね。
あと空中投歌ののんぺさんと
YOUTUBEラジオを始めたりしました。

ライブが増え少しバタバタしていて
YOUTUBEラジオも再開したいですね。
個人的にまたコント台本を書き始めたので
そちらもお楽しみに!

【3月】にはネコの深夜配信ワンマンや
NOZFESTでネコとワークスの2ステージありました。

ここら辺からネコのライブが配信でも楽しめる今のノリになってきた気がします。
NOZFESTの2ステージも今の
ハヤシライフ、愁人ワークス、ネコレクションの
ベクトルがそれぞれ分かれていく兆しが見えますね。

【4月】には愁人ワークスで
ESAKA MUSEとLiveHouse Arcの
新しい媒体の配信ライブに参加させて頂きました。
そしてハヤシライフのZeelaがありました。

愁人ワークスとして新しい環境に飛び込んで行ったり
ハヤシライフも今までの融合ではなく
新たな方向性が見えてきた頃ですね。

【5月】には
オンラインのアコロードがあったり
鶴田晋一さんとコラボ音源を作らせてもらったり
ネコレクションでMISOJI RIOTに出させて頂いたりしました。

この時初めてワダ君とお話させてもらったり
鶴ちゃんの「アルフ」のリリックビデオを練習で作らせてもらって
愁人ワークスのチャンネルを開設しましたね。

【6月】には
誕生日があったり
愁人ワークスのチャンネルから
「夜恍性」や「晩誘引力」の動画をアップしました。

また新曲と同時に動画を製作中なのでお楽しみに!

【7月】には
ハヤシライフで「お魚フェス」に
「Around & Over 30祭」にはハヤシライフとネコレクションで
呼んで頂きました。

この頃からハヤシライフとネコレクションの
ベクトルの違いが少しずつ回りに伝わって
同じフェスで別バンドで両日呼んで頂けたのは
嬉しかったです。
そして宮地くんと初めましてからフリースタイルセッションしてもらったのもこの時期です。

【8月】には
ハヤシライフの初企画があったり
周りでコロナがあったりでバタバタはしましたが
色んな事を再確認出来た時でした。

【9月】にはアコロードがあったり
愁人ワークスで初めてサンプラーを入れた
デジタルセットでの活動が始動します。

毎年呼んでもらってるアコロードも嬉しかったし
その時の2ピースイベントの出会いや
シンガロンシンガソンでの出会いで
ラッパーとして知ってもらえる機会が増えてきた気がします。
シンガロンシンガソンで初めて見た立川dansingずは衝撃でした。

【10月】には
2ピースイベントの出会いからグルーヴ先生の初コラボやらせてもらったり
ネコで久しぶりの名古屋に行ったり
ハヤシライフもこれまで出た事の無いライブハウスに出たりしました。

でも今一番印象的なのはメイちゃんのイベントのオムライス美味しかった事でした。

【11月】には
「ラビコレ!アンプラグド vol.1」の
愁人ワークスからネコレクション、ハヤシライフと
「ラビコレ!」に3つの形で呼んで頂いたり
club vijonでの愁人ワークスデジタルセットのライブをきっかけに
KOH-GEN RECORDSの高垣さんと知り合ってまた色んな輪が広がって

【12月】には
のんぺさんとのイベントが復活したり
グルーヴ先生の初ライブに呼んでもらったり
「人間失格ストロング」からの「音浴夜話」があったり
ハヤシライフで初pangeaがあったり
愁人ワークスとして2021年動いてきた色んな結果と今後が見えてきたりでした。

もちろんそれはネコレクションのライブスタイルもそう
愁人ワークスのスタンスもそう
ハヤシライフの音楽性もそうで
今年やって来た事がどんどん繋がって広がって形になっていきます。
それはきっと2022年にまた繋がって広がっていくので
来年もこの連載共々宜しくお願い致します。

それではよいお年を!

ネコレクション/ハヤシライフ/愁人




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事