1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】伏見◎御伽噺/第20回

【連載】伏見◎御伽噺/第20回

<毎週木曜日連載>

伏見◎Project/今日の1曲

https://youtu.be/3MeALaZn5BM




楽器やりたいけど何にしよう?ドラムでしょ!

こんにちはDrのアキヒトです

伏見◎Projectでドラムを担当している僕が僭越ながら、今回はドラムがいかに最初にやるのに向いてるかについて、書かせていただきます。

ドラムを始めるべき理由

1.初期費用が安い

楽器全般に言えることですが、まず楽器を買わないといけないですよね、しかし、ドラムはスティックを1セット買えばそれで始めることが出来ます安いものだと800円くらいなので、他の楽器に比べると初期費用がめちゃめちゃ安いです。途中であきるかも…と思っているひとも、ほとんど損をしないのでおすすめです。
そして、スティックを買ったらスタジオに行けば、OK。スタジオ代はグループで入ると一人1000円程しますが、600円ほどの個人練習特別料金でやているところもあります。時間や部屋の大きさ人数によって変わってきますので一概には言えません。そして、中高生なら、学校の楽器を使えばいいので、非常に始めやすいと思います。

2.やっている人が少ない

ドラム人口ってギターとかにくらべると少なくて、部活ないしサークル内で一人が3~4バンド書け持つなんてざらにあるんですよね。その分練習できるし、いろんな曲を演奏できるので、音楽の知識も広まるしでいことずくめなんです。

3.リズム感がつく

バンドの土台であるリズム部分を担当するわけなので、嫌でも、リズム感がつきます!リズムは、音楽の三大要素といわれる程大切な事ですのでほかの、ギター、ピアノや、ダンスにも必要なスキルになります。一石二鳥ですよね。

4.健康にいい

楽器で唯一四肢を動かす楽器のため、いい運動になります。しかも、手足で違う動きをするので、めちゃめちゃ頭も使います。頭を使うという意味では、楽器全般に言えることかもしれませんが、やっぱりドラムは四肢もつかうので、健康にもいいのです。

デメリット

1.練習場所に困る

これは、ドラマーあるあるあるあるですね(笑)。これだけはほんとに困ります。相当お金をつまないと生ドラムで家練習はできません。しかし、ドラムは基本スティックと己身があれば練習できます。なので、家で練習する分にはそこまで困りません。具体的には、練習パッドといわれるゴム製のものがありそれで練習をします。基礎練習というやつですね。

2.機材を揃えれば、お金がかかる

これは、楽器をする人の宿命ですね、沼れば沼るほどに金が飛んでいきます(笑)。ドラムは他の楽器と比べて最低価格が高いので、それはそれは大変です。

3.置き場に困る

それに加えて置き場に非常に困ります。折りたたんだりできないですからね。これも最大の難所です。

最初にそろえるべきもの

1.スティック・スティックケース

演奏するにはスティックは必須です。近くの楽器屋さんに行けば山ほど売っていると思いますので、見に行ってみてください1
最初は安いものでいいと思います。店員さんに聞いてみてください!

2.練習パッド

これは、家で練習するときには絶対にっと方がいいものですし、すぐに買わなくても後々必ず買うことになるので、どうせならいっきに揃えてしまいましょう!

ここまで、ドラムのメリットとデメリットを書かせていただかいましたが、僕が思いついていないだけでまだまだあると思います。
個人的には叩くという行為がストレス発散になるのも非常に大きいです(笑)。これは言っちゃいけないと思うんですが、個人的に感じてます(笑)。ドラムって思いっきり演奏してもいいんですよね、逆にそれがいいという。爆音なんですけど、何か壊すわけでもないので、これ以上にない発散になるんですよね(笑)。めちゃめちゃすかっとします。

デメリットに関してはドラムが完全に趣味になった人しか感じないので、最初始める時にはなんの心配いりません。プロでも、シンバル等の小物類は持っていますが、ドラムセットとなると持っていない人も大勢いるので、デメリットというほどではないかもしれません。

みんなドラムやりませんか? 

ということでまたお会いしましょう。
皆さんよいお年を~
そして来年も伏見◎Projectをお願いいたします~!

伏見◎Project/暁仁(Dr.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事