1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】Starting over/第8回

【連載】Starting over/第8回

<毎週水曜日連載>

RainDoll/今日の1曲

https://youtu.be/GhQ0CJsXAYA




Starting over Ⅷ

「今なんつった?」
たなだい(@Daichi96765080)がめちゃくちゃ怯えて電話に戻る。
「ヒェッ、エッ、なんでもないです」

これは24年間生きて身につけた勘なのだが、なんでもないと言う人間は大体何かある。

「で、バンド組みたいって話なんやけど」
「いいですよー!」
「いいんかい」
「こんな怖い先輩に誘われて断れるわけないじゃないですか」
コイツ、余計な事しか言わない。私がマイティ・ソーならハンマーでどついてた。(伝われ)

そんなこんなでついに5人のメンバーが決まる。

メンバー1人1人の個性はバラバラだけれど、演奏は気が合うと思う。
共通してるのは音がデカい事。
私も声がでかいし良い塩梅。
不器用な人間しかいないが、きっと上手くやれると思った。

大学に入学してからバンドという音楽に出会ったような人間が、本気でかっこよくてたまらなく尊敬する人達と、バンドを続ける事ができる。
そう決まった事への驚き、喜び。
そしてそれに比重してのしかかる、不安と焦燥。
私は圧倒的に音楽、というかバンドへの知識が足りない。
機材の事もわからない。ハイを削って、とか言われてもわからない。
何より私は私が1番自覚しているが、
特段歌が上手いわけではない。
もちろんめちゃくちゃ努力する、こんなメンバーと音楽ができるんだもの。
でもこれはコンプレックスとして、私の心臓をずっとぎゅっと握って離してくれない。

やりたいとは言ったものの、山田(@chill_mew_yamad)は、ろむ(@ymmroy)は、らいし(@zinseik4n_)は、たなだい(@Daichi96765080)は、
私なんかがボーカルでいいと心からそう思ってくれているのだろうか。
そんな気持ちが、いつも、ふとした時に横切るのだった。

続く

RainDoll /おこめ(Vo.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事