1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】”DANNY BOY”原園が書くメモ/第3回

【連載】”DANNY BOY”原園が書くメモ/第3回

<毎週金曜日連載>

“DANNY BOY”/今日の1曲

https://youtu.be/mtvNig7CUQI




MV制作裏話 One×One編

おつかれさまです、”DANNY BOY”原園です。

今回は僕が初めてMusic Videoの撮影と編集をした【One×One】の制作裏話を書きたいと思います。

まずは是非そのMVを見てほしいです!

https://youtu.be/bcMTekTM91U

【One×One】は”DANNY BOY”のGt.Vo.西村リュウによるソロの楽曲です。
メンバーながら、最高に良い曲だと思います。
ただ全く再生数が伸びません…笑
何をするにも認知度って大事ですね。

これを撮影しに行った時はめちゃくちゃ暑い夏の日でした。僕がカメラを買ったのが去年の7月だったので、丁度その一ヶ月後ぐらいです。

ちなみに購入したカメラは、『LUMIX DC-G9』
レンズは『LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0』です。
SONYのカメラと迷ったのですが、使ってる人が多いイメージがあったのであえて、LUMIXに決めました。天邪鬼なので笑

MVを制作する流れは、まずどんな世界観であったり、表現をしたいのか、なにを伝えたいのかなど、最初にイメージを固めます。(この準備段階がとても大事)その後、撮影し編集ソフトで素材を組み立てていく流れになります。

このMVもどんなイメージにするのか、龍くんと何度も打ち合わせし、シュミレーションをしました。

イメージは、最初足元だけを追いかけて行き、所々にオフショットを挟みながら、最終的に海をバックに弾き語ってるシーンで終わりたいというものでした。

イメージが決まれば、次は撮影場所です。
“DANNY BOY”の3人とH.Iくんの4人で、海辺の良さげな場所を探しました。
まず貝塚の二色の浜へ行ったのですが、警備員の人の許可が降りなかったので、そこではサイコパス住吉しか撮れませんでした。

結局その日はイメージに合った場所が見つからず、帰宅することに。

2週間後、H.Iくんは予定が合わなかったのですが、和歌山県にある加太と言うところが良いかもと教えてもらい、”DANNY BOY”の3人で向かいました。そしてついに、イメージと合った完璧なロケーションの場所へと辿り着きました。

とにかくこの日も快晴で暑かったのですが
ここで一つ動画を撮る際の注意点。
日中に一眼を使った屋外での撮影をする場合、必ずNDフィルターを使いましょう。明るすぎて、せっかく撮影した素材が白飛びしまくって、映像が死にます笑
僕はこの日の朝に買いに行って、なんとか死を免れました。

白飛びってこんなん↓

いよいよ撮影開始です。MV撮影は基本的に音源を流しながら撮影したりします。この日はiPhoneで曲を流して撮影。場所は人気の少ないところだったので、スムーズに行えました。

最初の足元を追いかけるカットは、中越しでカメラを持って、モニターを見ながらほぼ同じ一定の距離を保ち、曲の後半までそのままの構図で後ろを追っていきます。ちなみに最後までワンカットです。カメラを持って一ヶ月の人間には激ムズです。汗だくになりながら何回も撮り直したりして、撮影しました。到着時間が昼過ぎだったので、潮が満ちてくるまでに撮り終える必要があったのでほぼ休憩無しです笑

実は潮が満ちて足場が無くなるギリギリに撮った最後のテイクがMVで使われています。その様子はMVを見たら分かります笑

オフショットもその日の内に撮影し、なんとか撮影を終えました。

ここでまた豆知識なのですが、インサートと言って、その場所の雰囲気が分かるようなカットもいくつか撮っておくと、編集時にカットが足りない場合、救世主となってくれます。

撮影に関してはこんな感じです、
続いて編集について。

まずは僕一人でカット編集を行います。
その後アーティストに確認してもらって修正し、どんどんイメージに近づけていって完成させる流れになります。

この作品も何回もカットを入れ替え修正して、切磋琢磨しながら完成させました。

タイトルや歌詞は、西村リュウの直筆で書いたものを使っています。なかなか味のある字をしてて、音楽と映像に上手くマッチしています。本人は字が汚いと言ってましたが笑

こんな感じで、お互いが納得のいくまで、あーだこーだ言い合いながら、なんとかMVが完成。無事【2020年11月11日】に公開する事が出来ました。
そして、これが僕の初めてのMV作品となります。

この作品以降、”DANNY BOY”の楽曲である『メロンマン』『ロックンロールバンド』『俺Feel alright 〜Gotta get some Action!!〜(feat.稜磨)』を制作しました。

それぞれの制作裏話はまたこの記事を通して、書いてみようと思います。

それ以前のMusic Video『Big Mouth』『いつでもいつの日も』『Come Back!!』『Strike Blues』は、僕が”DANNY BOY”を組む前のバンドからお世話になっている湊川萌さんに制作して頂いていて、どれもこれもめちゃくちゃ良いMVなので、こちらも是非観てみてください。

https://youtube.com/playlist?list=PLEUb5D0YjcvbFdV0Tf_TH1CitO6Zc0-7x

これらの撮影裏話もまたいつかしようと思います。
ちなみに”DANNY BOY”を組む前のバンドについては
前回の記事で少し書いてます。

去年新型コロナウイルスで世界が大変な状況になり、僕らのように音楽活動してる人にとっても、ライブを自粛せざるを得なかったり、たとえライブしても以前のように、お客さんが呼べなかったり。落ち着く目処が立たず、バンドが解散してるのもよく見るようになりました。

僕は逆にコロナがきっかけとなって、カメラを持って映像を作れるようになったので、なんとか活動を止める事なく前進出来てます。今では自分達の映像だけでなく、他のバンドのMVも作らせて頂くこともあって、活動の幅も広がりました。

映像は奥が深く、スキルも知識もセンスも必要なのですが、知れば知るほど面白いです。毎回の制作で自分が今までやってなかったり、出来なかった事にチャレンジして、これからも作品作りに励みます。

今回は初めて作ったMusic Video【西村リュウのOne×One】制作裏話について書いてみました。

あざした!

《使用機材》

■DC-G9L-K

■ MARUMI NDフィルター 62mm DHG ND16

“DANNY BOY”/原園裕夕(Dr.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事