1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】”DANNY BOY”原園が書くメモ/第1回

【連載】”DANNY BOY”原園が書くメモ/第1回

<隔週金曜日連載>

“DANNY BOY”/今日の1曲

https://youtu.be/DAqtxnwon50




1994

はじめまして、関西を中心に活動してるバンド”DANNY BOY”(ダニーボーイ)のドラムをしてます原園です。
これからどんどん面白い事が出来そうな予感がするので、記録しておこうと思い、書いてみました。

“DANNY BOY”はジャンルで言うと、ブルースとかファンクとかのブラックミュージックをルーツとした音楽です。簡単に言えば、ロックしてます笑

https://youtu.be/OqykWM0DdRU

“DANNY BOY”の結成は2018年8月18日。
僕が高校3年の時、文化祭に有志で演奏しにきたバンドがいて、唯一1人だけいいギター弾くなぁと思った人物が西村龍くん(@ryu_nishimuraDB)でした。
機材置き場でツェッペリンの話で意気投合した事が懐かしく思います。

それからお互い別のバンドで活動しながらも
たまに一緒にスタジオに入ってセッションしたりしてました。
ベースの崚くんもその頃からの付き合いです。

ある日、僕が北千里の駅前で野外イベントを企画する事になり、そこで”DANNY BOY”(ダニーボーイ)と名前を付けGt.Vo.西村龍、Ba.住吉崚、Drs.原園裕夕で出演したのがきっかけで、活動が始まりました。
そういえばこの日は炎天下で、Big Mouthやジミヘンのカバーなどを演奏して、二つの意味で最高に熱いライブをしました笑

僕らのライブでは、基本的には曲の流れに沿って演奏するんですが、毎回の同じ事を演奏するのも面白く無いのでその時のノリで叩いたりします。
他メンバーの2人もそんな感じです。
なので4分ぐらいで終わる曲が7分になったり
3分になったりする事も。

音源通り叩いて自分達の曲を伝えるのももちろん良いですが、その場で音楽が生まれる楽しさを伝えるのもライブの醍醐味だと思ってます。

てな感じで、毎回良くも悪くも
違った感じを味わえます笑

さて、実は僕たち”DANNY BOY”はバンドをしながら、“MOBY DICK”(モビーディック)という団体を運営しています。

ちなみに”MOBY DICK”って名前は
僕がレッドツェッペリンのMoby Dickという曲が好きだったので、そこから命名しました。

天王寺区空堀町に事務所兼店舗として構えていて
音楽とかアートを使ってなんか面白い事出来へんかなーと思って、2019年8月1日より活動を始めました。

綺麗事を言ってるように聞こえるかもですが、

【創作者と刺激を求める人々との架け橋となる。
そして芸術の楽しみを伝え、広げる事で関わった全ての人が喜び、幸せになるよう貢献する。】

というお堅い経営理念を掲げてます。
孤立してバンド活動してるより、みんなで楽しんだり盛り上げる方がオモロいなって思ったので、とりあえずやってみました。

んで、始めてみたはいいものの
ハッキリ言って死ぬほど大変です笑

まず事務所を借りまして、どうせなら色んなアーティストの作品を宣伝して販売したいなと思ったので物販をやってみたのですが、認知度が無いのと、資金も全く無い状態からスタートしたので広告に掛けるお金も無い。
物販の他にイベントの企画をしたり、バイトもしたりしてなんとか固定費を払ってました。
お金も時間も全然無いし、凄い悪循環で悩み通り越して逆に笑えました笑

まぁでもやる前から大変な事は覚悟してたので、
『なるほどな』と思いながら、指針はぶれずに色んな事に挑戦しました。

その一つは、【HAKUGEI ROCK FEST】です。

大阪城公園にある野外音楽堂を借りて、入場無料の野外フェスをするという企画でした。
会場も抑えて、企画書も作って実行委員会も作って、いろんな人に協力してもらいながら、実現させようと動いてたのですが、まさかのタイミングで新型コロナウイルスが大流行。
協力してくださった方には申し訳なかったですが、このフェスは断念する事になりました。

これもまぁまぁ心折れそうな事だったのですが、本気でやろうと動いてたので、それが逆にいい経験になったのと、コロナで動けなくなった事によって新しい事に挑戦する時間も作れたので良かったです。
コロナ落ち着いたらまたフェスやろかなと思ってるのでまだ僕の意思は死んでなくて、相当鈍感で図太いようです笑
フェスも出来なくなって、何しようかなと考えた末、そこで始めたのが映像制作です。

これまで生きてきた中で、青天の霹靂と言いますか、世界が広がった瞬間が2回だけあります。

1回目はドラムを始めた時でした。
初めて叩いた時から生涯ドラムを叩いてる自分が想像出来ました。
中学2年の時、僕はほぼ不登校人間でいわゆる反抗期だったのですが、ちょうどその頃に弟がギターを買って弾き始めた事きっかけに、自分も暇だったのでドラムやってみようと思ったのが僕のドラム人生の始まりです。
貯めてたお年玉を使って、スティックと練習パッドを買いにいき、学校にも行かずひたすら練習に没頭してました。それが僕の中学の思い出です笑

他にもドラムの事についてはまだまだ話があるので、また別の機会に書こうと思います。

2回目は映像を始めたときです。
自粛期間中にカメラを買ってみたのですが、いざ始めてみると、こんなオモロいもんがあったんかと思いました。

僕は基本的に何をするにも不器用で、自分にはこれが出来ると思った事なんてドラムぐらいしか無かったのですが、映像に関してもどんどん極めたいという意欲が溢れまくってます。
最近では自分達のMVを作るのはもちろん、他のバンドのMusic Videoを作らせてもらったりしてます。

まだまだ経験は浅いんですが、
毎回制作するたびに何か挑戦するようにしてます。
例えば、今回はグリーンバック使ってみようとか、
この作品ではドローン飛ばしてみようとか。

僕が作ったMVはこちら↓

https://www.youtube.com/playlist?list=PLmm1mDFsJ1iCTLjtE3yl5KNvGmkqQj6Qt

実は次はアニメーションを作ってみたいなと思って勉強してるんですけど、なかなか面白い。
いま山村浩二さん(@Koji_Yamamura)の作品に絶賛ハマってます。

https://youtu.be/gkCSbzFXcHI

“DANNY BOY”を結成して3年、”MOBY DICK”を立ち上げて2年、いろんな事が起こっても『なんとかなるやろ』って思いながらちょっとずつ着実に前進していて、なんやかんやで上手くいってる方だと思います。
これまでの経験上、考えて動けば少しずつでも目標に近づいていく気がします。
逮捕されたり死ななければ笑

今回初めて自分の事を文字で書いてみたので
最後に僕が今後やりたいと思ってる事をいくつか書いてみたいと思います。
こいつデカい口叩くなぁとか思われるかも知れないですが、ドラマーなので、なんでも叩かしてください。

『スタジオを持つ』
『アニメーションを作る』
『どデカいイベントでライブする』
『コカ・コーラとコラボする』

まじで叶えます
やりたいと思ったらとりあえずやってしまうので多分いけると思ってます笑
その日を楽しみにしててください。

これから定期的に”DANNY BOY”や”MOBY DICK”の活動を僕視点から発信していけたらと思うので、みなさん応援よろしくお願いします!

ほなまたあざした。

“DANNY BOY”/原園裕夕(Dr.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事