1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第64回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第64回

<毎週水曜日連載>

街鳴り/今日の1曲

https://youtu.be/bpITLXomVcY




ストーカー気質はどんな人なんや!

どうも!
大阪で活動中のバンド、街鳴りのギターボーカルSorakoです!

最近いきなり冷え込んで寒くなってきましたね!(´;ω;`)
私はとてつもなく寒がりです。

暑さで死ぬか寒さで死ぬか選ぶなら熱さで死にたいくらい嫌いです。
寒い方が辛いです!
でも寒さだと寝てる間に死んだりと楽に死ねそうですが、暑さだと喉の渇きがきて、皮膚はやけどのようになって痛くなって死ぬかと思うと寒さの方が良いかも…(*”▽”)(想像力終わってる)

とそんなしょうもない前説はさておき、私もブログは過去を振り返ろうということがメインだったり、本音、真実を語るというコンセプトをもってやっておりますので、私の過去は包み隠さず、このミュージックラビッツさんに提供させていただきたく思っております。(ミューラビさんからすれば迷惑)

私のクソのような過去からまだ話していない話題がありました。
今までやばかった男たちという話を散々してきましたが、この人が殿堂入り、ぶっちぎり1位の人がいます。それは…

”ストーカー男”

何十人と関係をもってきていて、ストーカーになられたことない?とよく聞かれますが、もちろんいましたとも!
1年近く悩まされていて、警察に相談したことも…

確かあれは20歳か21歳くらいのころですね。
私が心斎橋(都会てきなとこ)で働いていたときにそこのお店はよくホストが買い物に来るお店だったんですけど、ある日一人の男の人にナンパされましてひつこく連絡先を聞かれて、最終根負けして教えたんです。

そして後日ご飯に行ったんですけど、自分がどれだけ凄いかという自慢話ばかりでまったく面白くなく、私の嫌いなタイプだなーと思っていてもう二度と会わないでおこうと考えていたら、ご飯を食べてバイバイしたあとにラインで

男「おれと付き合って!」

ときたので、私は鳥肌が立ちつつ

私「ごめんなさい。私は○○くんは合わないかと…」

と連絡をして、断ると…

男「は?俺のことふるの?俺今までふられたことないんやけど」
と返事がきて、私的には(え?凄い自信やんこの人)と余計に付き合いたくなく、

私「ごめん。私は好きじゃないです」

とはっきり言ったんですよ。そしたら

男「いやほんなら思わせぶりすんなよ。お前やばい女やな。あたまおかしいやつやん」

とか言われて私はいつ思わせぶりしたんだとラインを読み返しましたが、好きなんて言ったこともないし、なんでこんな言われるんやと怒りも出ましたが、同時に怖いと感じて、そこから連絡を返さないでいたら

男「無視すんの?わかった。お前のこと絶対許さんから。俺をその気にさせてふるなんて許さへんから覚悟しとけ」

という内容が来て、私はめちゃくちゃこわいと思って、ブロックしたんですが、そこからが悪夢のはじまりでした。

ラインはブロックしたんですけど、名前も電話番号も知られていたからか、CメールやFacebookでメッセージが一日何十件もきていて、その内容は全部脅しのような内容と卑猥な写真が永遠に送られてきていて、嫌がらせが続いたんですよね。で必ず「これもブロックしたらお前の働いてる店行ってめちゃめちゃにしたる」という脅しも来るので、ブロックが怖くてできなくて。

でもある日に「あの時おごったご飯代を返したらもう連絡しない」という連絡もきたんですよ。
そのおごってもらったのは、鍋だったんですけど、二人で5千円くらいで。
でもそれも向こうが奢ると言ってきかないから出してもらったんです。私は基本おごられるのが嫌いなので。
それを返せと言われるのも驚きでしたが、それを返したら嫌がらせもなくなると信じて振り込みで支払ったんです。

そしたら本当に連絡がなくなって解放されたと思ってほっとしてたんです。

でもその半年後にラインで連絡がきたんです。
向こうがラインのブロック解除もしろって脅されたんで解除してて。
そのラインの内容が卑猥な写真と「お金ないから頂戴」とだけきてて、私は友達に相談したら、これはもう警察に相談しようと言われて一緒に警察に行きました。

ちょうどそのときストーカー殺人が多かったこともあってか、警察の方も親身になって、真剣に相談のってくれたのを覚えています。

警察の人に写真やラインを見せてと言われて全て見せたら、これはやばいなと警察もひいていました(笑)

警察からは、今のところ法律にはまだ触れていないから、対応は厳重注意しかできない、でも注意したら逆上して襲うパターンもあるから判断難しい、本人が希望するなら注意には行けるというお話でした。私もそれは向こうからの嫌がらせがひどくなる気がして断りました。

見張れたりできるけど、その人がどこに住んでいるかや職場など知る必要があるとも言われ、彼の職業がホストということで、どこのホストと聞かれたんですが、私は知らなくてどうしようとなっていましたら、そういえば彼のラインのトップ画がホストのパネルの画像だったのを思い出して、見てみたらしっかりと写真にホストの店名が書いてありました(笑)

それで警察の人が調べてくれて、そのお店に本当にいるかの電話を客に装ってしてくれたんですが、まさかのそのホストは1か月前に辞めていて、数日前に私の職場の近くのホストで働きだしたことがわかって、恐怖で震えました。私に近づいてきてるやん!(笑)と。

警察からは、職場の近くの警察署と住んでるところの警察署にこの件を報告しとくと言われ、もしそいつが襲ってきたらなんかしてきたら、電話してくれたら速攻で向かうように
させるからいつでも電話しなさいと対応をしてくださり感動しました。
そして防犯ブザーと催涙スプレーを無料でくれました(´ω`)

とりあえず刺激しないようにブロックはしたらあかんけど、連絡は返さないでおきなさいと言われたのでそれに従うことにしました。

すると連絡がなくなってホッとしたのもつかの間でまたある日に仕事をしていたら

「今日お前殺して俺も死ぬわ。お前の職場まで行くから待っとけよ」

ってラインがきて、私は怖すぎて泣きながら、職場の上司と警察に電話しました。
とりあえず店近くに警察官うろつかせておくからと言われてきてもらいました。

そして本当に彼が来て、その場で警察の人に捕まえてもらって一件落着しました(;・∀・)

なんとカッターナイフを所持していたんですよ。
カッターナイフで殺されるところだった!(´ω`)(いや陽気なコメントすぎる)

そのあと彼から連絡も来ることもなくなり、無事解放されたお話です。

この時の友達らには本当に怒られました。
よく知らない人や誰とでも連絡先交換したり、簡単にご飯に行ったらあかんと(笑)
常識ではありますよね…

私が良くも悪くもすぐに人を信用してしまうところもだめなんですよね!

というか私もまさか1年近く悩まされたり、殺すと言われるストーカーになるとは思いもしませんでしたよ。初めて会ったときはとてもやさしくて良い人でしたからね。
人は見かけで判断してはいけないということをその時にも学ぶことはできたので、前向きにとらえることにしています。

今となっては笑い話ですが、その嫌がらせの電話や写真やラインが来ているときは本当に精神おかしくなるくらい悩んでいて、その時父親がいましたが、話せなかったです。今なら全然人に相談できたり、気にせず入れたりなんかしらできたと思うんですけど、恋愛景観も少なかったですし、20歳くらいなので判断が難しく一人悩んでしまいました。

もし周りや今悩んでる方がいたらいつでも私めに相談ください。
なんかしら体験はしています。

クラゲに刺されたり、ホラー映画で気絶したこともあります(`・ω・´)(関係ない)

今日もなんかホラーチックな終わり方ですみません。
私の体験談が誰かの参考や面白いと思ってもらえましたら幸いです。

それではまた来週お会いしましょう!

▼街鳴り今決まってるライブまとめ

11/28(日)寺田町Fireloop
https://twitter.com/machinari_osaka/status/1458802578989277195

12月9日(木)南堀江knave
https://twitter.com/machinari_osaka/status/1452964347630686218

12月13日(月)南堀江knave
https://twitter.com/machinari_osaka/status/1455142622285099024

1月14日(金)北堀江clubvijon
https://twitter.com/machinari_osaka/status/1462028224108503041

街鳴り/Sorako(Vo./Gt.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事