1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第62回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第62回

<毎週水曜日連載>

街鳴り/今日の1曲

https://youtu.be/FgWQs0sRoWA




最近の私。冬なのに春がきました。

どうもおはそらこです!
大阪で活動中の3ピースバンド街鳴りのギターボーカル、Sorakoです!

先週は休載してしまい、すみません。
この私の連載タイトル「本音しか言わん」という言葉通り本音を言うと…

“何も書くことなかった!”です!

“何を書けば良いかわからない”というのもありますね。

先週はと言いますか最近は個人的に今年一番大変といいますか辛い時期であったと言えます。
色々気になる方もいると思いますが、そこは私の本音は言えません。
すみません。
とりあえず今は前を向いてひたすらに歩いていく決意をしたということだけ伝えさせてください。

ぢゃあ今日は何を書くのかと言いますと、これ聞く人によっては不快になるかもしれませんが、私にようやく”春”が訪れました。
つまり恋人です。

普通バンドマンは隠すものかもしれません。
「恋人いると言わない方が良い」とかあるかもしれませんが、私はそもそもそんな隠すような年齢か?とも思ったり(全30代のバンドマンの方すみません)、こんな私のような顔の30代の女バンドマンにお熱になるファンの方がいると思うほうが失礼な気もしたり…
私も北川景子さんや長澤まさみさんみたいに美人なら…ね!(੭ु╹▿╹)੭ु⁾⁾

と、私はもう何も隠さずにいる主義なので、付き合ったら付き合った、別れたら別れたと公言します(笑)

やっぱ数々の恋愛と失恋を経験したからこんなこと言えますって説得力を持って届けたい気持ちもあります(笑)!

私の連載をずっと読んでくださってる方は、私がどれだけ恋をしてきたかということ、どれだけ失恋してきたか、去年の彼氏との別れ方まで赤裸々に語りましたし、かなり恋愛体質であることは理解してる方が多いと思います(笑)

20歳から29歳まで彼氏いない日が空いたのは数週間というくらい、いろんな男性とナンパやクラブ、相席屋、合コン、出会い系サイトなど会えるとこで会いまくり、すぐ付き合うという頭おかしいことをしてきた私でございます。

そんな私が去年の9月から恋愛を一切せず1年を迎えていました。
普通の人からしたらたった1年?と笑う、怒るかとしれません。
でも私にとっては初めてなのです。
恋愛依存者の私にとって1年は長いのです。

私を昔から知る幼馴染や中学校、高校の友達までも病院やセラピー行った方が良いのでは?と心配してくれるほどです(੭ु ‾̑ω‾̑)੭ु⁾⁾ 汗💦

やはりもう何十人付き合って、何十人と失恋するとさすがに凹みます。
と言っても、浮気や自然消滅、冷めたと言われることが多かったですけどね。
そりゃ知り合って1日や長くて1ヶ月そこらで付き合って、向こうも私も相手を知らずで付き合って上手く続けるのにはかなりの努力が必要です。
お互い出会いの仕方を知ってるわけで、この人無理でもまた次に行こうという安易な考えを持って相手を知ろうとしなかったことも続かなかった原因なのではと思います。

十人十色と言うように全ての男性に当てはまるわけではないですが、何十人と付き合ってわかった男性の弱点は

【言わなきゃわからん】

という点です。
これはもちろん人全てに言えるのですが、例文をご覧ください。

↓あくまで私個人の主観です。

(例文)


男性「ごめん、今度のデートだけど、仕事で急に休めなくなったからできなくなちゃったんだけど…また埋め合わせするから!」

女性「そっか…仕事なら仕方ないね!大丈夫!その日は友達と遊ぶから気にしないで!」

男性「ありがとう!(怒ってない、よかった〜)」

〜デートのはずだった日の夜〜

男性「仕事終わった〜」

女性「おつかれさま!電話できる?」

男性「(眠いな〜)ごめん!明日で良い?」

女性「え…うん…わかった…」

男性「ん?どうした?」

女性「本当は今日会いたかったのに電話くらいしてくれても…」

男性「ごめん!でも仕事だったし疲れてるし、今日会えないってことも納得してくれたよね?」

女性「それはわかってる…仕事って言われて嫌って言ってうざい女と思われたくないから、気にしてないふりしたのに気づいてほしかった…」

男性「え?…(言ってくれなきゃわかんねー!)」

女性「本当はもっと会いたかった感というか好きって感じの言葉が欲しかった…今日ももう一回ごめんって言葉も欲しかったし…私のこと本当に好き?」

男性「(女わかんねぇーー!!!)」


とこれはさすがにメンヘラ彼女入ってますし、やりすぎですが、イメージこんな感じです(笑)
これは実際に自分もあったり周りからこんな話の愚痴話たくさん聞くので、あながち外れてもないと思います。

女の子は感じ取ってほしい、わかってほしい、良い女に見せたい、重たいと思われたくないと思いつつ重たいこと考えやすい子が多い感じです。

会えなくても良いんです、ただ会えないかわりにもっと会いたかった感、好きだよ感欲しい、愛されてる実感したいんですよね。

男性ももちろん伝えてるつもりなんですが、これは日本人男性に多い特有の「言葉に出せない、言葉で伝えるのが苦手」というところです。
もちろん男性に限らず、女性は女性でわかってほしい、なんでわかってくれないのという自分勝手な思考は多いです。
でも女の子は物や言葉や行動で示すことが上手い子が多いと思いますね。

ただ男性は曖昧な行動やふわっとしたことでは伝わらないのです。
女性は思ったことは言うだけでなく、分かりやすく伝わりやすく言う努力が必要です!

私も思ったのは我慢してても良いことないって思いました。
これは恋人に限らず言えることですがね!

時に我慢も必要ですが、これは本当に必要な我慢なのかを見極めることが大事であり、難しいですよね。
自分を苦しめる我慢はいらない我慢とは思います。
人生短いですもん。

私はもう恋をしたり、誰かと付き合ったりしないと思うとも話していた私が、なんでもう一度恋愛をしようと思ったのか、それは数々の例外が多かったからです。

出会いも知り合ってからの期間も年齢差もアタックのされ方も、全て全て今まで出会ってきた男性と違いましたし、今までにない恋愛パターンです。

私は付き合っても不幸にさせるかもしれないと思っていましたが、私のこのありえない恋愛歴と生い立ちも全て知った上で好きと言ってくださる彼に惚れました。

でも私は自分勝手な人間で、彼を幸せにしたい、彼と幸せになりたいよりも、彼が他の人に取られることが嫌だ、好きじゃなくなられるのが嫌だと言う自分勝手な思いが先走ってしまっているところが大きいです。

ただ私も1年ぶりに恋をして、叶った瞬間に失うかもしれないという恐怖と忘れていたはずの元彼の別れる原因になったものや嫌な思い出が走馬灯のように頭に浮かんで、中々恋愛モードというものに入れなくなっています。

私のトラウマは思ったよりもでかかったようで、これはかなり不味いと思いました。
これも彼には伝えています。

正直この人と別れたら本当に私は独身で生き続けるのだろうと思います。

また、恋人はできても私の夢を叶えたい決意は固いため、恋愛でバンド辞めたりは絶対しないです。
むしろバンド辞めてと言われたら別れを決意するくらい固い夢なのです。

この先どうなるかわかりません。
もしかしたら結婚しているかもしれない、もしかしたらあっというまに別れてるかもしれない。
私と彼どっちかが事故で死んだり、病死なんてことも0ではないです。

付き合っても続くか分からないから恋を諦めると言う選択肢はなく、好きなら付き合う!
これ一択での決断です。

私のように悩んでる人がいるなら飛び込みましょう!

やってみなわからん!
付き合ってみなわからんですよ!!!

と今日も、なかなかに赤裸々なブログでした。

私の本音はまだまだこれからの聞いてもらいます!(`・ω・´)キリッ 笑

それではまた来週!

街鳴り/Sorako(Vo./Gt.)




過去の連載記事

アーティスト情報

その他の連載スケジュールはこちら




関連記事