1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第61回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第61回

<毎週金曜日連載>




うれしいね についての考察

先日ハヤシライフで
松藤ロックフェスティバル21に呼んで頂きました。
今回はその日を振り返って
思った事について書いてみようと思います。

「10/16」「10/17」「10/23」「10/24」と4夜に総勢28組で
Club vijonの19周年をお祝いするこのイベントの
ハヤシライフは3日目の前楽「光」のトリ前を
結成初年度ながら任せて頂きました。

もちろんまだ控えているイベントも沢山ありますが
今年1番お世話になったライブハウスは
Club Vijonと言っても良いぐらい
色んな事をやらせて頂きました。
僕個人的には実は今年になるまで
vijonに出た事がほとんど無くて
すごく短い期間ではありますが
「期待してくれる」と「認めてくれる」
をもらった気がします。

松藤ロックのあとに松藤さんから
ハヤシライフについて
「楽器隊のファンクとフロントマンのHIPHOP」
という感じの言葉があった時に
松藤さんが
『Grandmaster Flash』や『BUDDHA BRAND』等の
US、JP国内外問わずルーツからHIPHOPの好きな人だと
知った上でその方から自分のやっている事に
HIPHOPを感じてもらえている事が
とっても嬉しかったです。

ちょうど同じ日の松藤ロックの終わりで
帰ろうとした時にモケーレムベンベの井澤くんに
話しかけてもらって
ネコレクションやワークスではイベントやブッキングで
一緒になったり、イベントに出てもらったり
呼んでもらったり
共演は何度もあったんですが
人見知り同士ゆえにちゃんとお話しした事がなくて
びっくりしていると
その日ハヤシライフの19周年祝いのフリースタイルを見ていてくれた様で
井澤くんらしい丁寧な口調で
「すごく必然的な韻だった」と褒めてくれました。

聞くと井澤くんも『THA BLUE HERB』が好きらしく
僕と同じ様にHIPHOP好きだった。
井澤くんは僕がすごく尊敬する歌詞を書く人の1人で
そんな人から言葉を褒めてもらえるのも嬉しかったんですが
僕と同じ様にHIPHOPが好きな人から
フリースタイルを褒めてもらえる事はすごく嬉しかった。

もちろん僕はどの現場であってもハヤシライフやワークスは
このスタイルでやるし
僕を初見の人にも
HIPHOPを聞いた事ない人にも楽しんでもらえる様に
心掛けているつもりで
HIPHOPを聞いた事ない人でも僕を初見の人でも
楽しんでもらえた声は本当に嬉しい。

そしてそこに加えてvijonにお世話になる様になって
松藤さんもそうですし、宮地くんもそうですし、
井澤くんもそう、
僕と同じ様にHIPHOPが好きな人から
このスタイルを認めてもらえる事がすごく嬉しいと感じてます。

僕は「HIPHOP」が好きで、「言葉を吐き出す事」が好きで
「みんなに楽しんでもらう事」が好きなんだと
知っては居たけど今一度すごく感じます。

今回何が書きたかったかと言うと
最近認められ始めて、褒められて嬉しかったから
もっと頑張ろうと思うよ!って話でした。

ネコレクション/ハヤシライフ/愁人




こちらもオススメ!

過去の連載記事




ネコレクション/今日の動画紹介

https://youtu.be/kdmifvsWgXs

アーティスト情報




関連記事