1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第60回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第60回

<毎週水曜日連載>




恋してる自分が本当の自分らしい

どうもおはそらこです!
大阪で活動中の3ピースバンド街鳴りのギターボーカル、Sorakoです!

最近と言っても前ですが、このツイートに共感してくれる女子たちが多いので、この関連のことでも書きたいなと思って書いてます(´ω`)笑

このミューラビのブログを結構読んでくだってる方はご存知の方も多いと思いますが、私は40人ほどの方とお付き合いしたことがありまして、もちろん重なったりはなく、一人一人覚えているほどにちゃんとお付き合いさせていただいておりました。

数々の個性的な方とおつきあいした歴史はこれらのブログを読んでいただけるか、あとらネタでわたしの恋愛説明書みたいなものも書いてたのでよかったらぜひ(笑)

(恋愛関連)

私はなぜ他の人よりも恋愛をしてしまう恋愛体質なのか分析したことがありまして、それは寂しくなる感情が人一倍強いのだと思います。

子どもの頃、次男が病気で何度も手術があるため、お母さんはずっと付きっきりで私はよくおばあちゃんちに預けられて、あまり甘えれない経験があり、それがあってか人より甘える期間がズレてると言いますか、中学生になっても母親と一緒に寝たりべったりで、でもそんな母親も中学生で亡くなり、そこから父親は働かなくなり、毎日荒れてて暴力も振るわれたり、家がなくなったり、高校は毎日バイトして稼ぎは全額家に入れたり、親にも誰にも甘えることができず、辛かったのを覚えています。

そんなとき18の頃にバイト先の先輩と付き合うことになり、彼氏という存在を始めてもったとき、辛い時も楽しい時も一緒にいて甘えさせてくれる彼氏に私は少し母親に甘えてたと言うな気持ちを感じたのを覚えています。
それから、私はその彼氏と別れた後も恋愛というものに依存しました。
多分人一倍感じる寂しさを彼氏に埋めてもらおうと必死だったのかもしれません。
あとは味わった蜜が忘れられない蜂のように。

夢もありましたが、恋愛は私にとっての精神安定剤になっていましたね。彼氏がいないと不安という感情に襲われて、クラブに行ったり出会い系アプリをやったりナンパされたら付き合ったりあらゆるところで出会っていました(^^;;

20歳超えてからも兄が借金して帰ってきたり、父親が26の時に癌になったり、また苦しい毎日が続いていました。

また恋愛もただするだけなら可愛いですが、彼氏に依存して会えなかったら泣き続けてたら、電話し続けたり、SNSを狂ったように見たり、嫉妬に狂ったり、今思い返すと恐ろしい女すぎて震えます(笑)
今こうやってあの時の私やばかったなと思えるのも自分自身すごいと思いますが、とにかく寂しくて1人になるのが怖くて、彼氏という存在に縋っていたのかもしれませんね。

だから男性側も軽い気持ちで付き合ったら、やばい女と感じて振られたり、逆に真剣に私を好きになってくれた人には病ませてしまったり、本当に本当に申し訳ないことをしたなと思っています。

そんな頭のやばい私が、今客観視できたり、彼氏がいなくて平気になれたのは「音楽」に出会えたこと「バンド」を始めたことで大きく変わりました。今は寂しさを埋めるための恋愛をバンドが、音楽が埋めてくれてる感じです。

確かに去年付き合った彼氏、最後に付き合った彼氏で心が砕かれてしまって恋愛したくないと心底思ったのも事実ですが、音楽を始めてから昔のようにはならない自分と出会えたんです。

友達にもバンドを始めてから安定してるとも言われますね(笑)

でも去年のその人も、もう彼氏いらないと付き合わないと決めていたら、絶対に幸せにすると言ってくれた人がいたので信じて付き合ったのに別れてしまったので、私は恋愛してはいけない人間なんだと思いました。

昔は今までの付き合った男の人が最低だったとか言っていましたが、今では自分が最低だった、自分が駄目だったからこそ相手を駄目にしてしまった、駄目な相手を選んでしまったのだと思います。

恋愛はお互いを尊重しあえるからこそ続くものであって、絶対片方の勝手な思い込みや勝手な感情だけで、好きと言っても相手を苦しめたり駄目になってしまう、だから私はこれまで誰とも長続きしなかったんだなと分析しています(笑)

そして好きという感情を味わわないまま1年が過ぎていましたが、最近は久しぶりにその感情が顔を出しているのですが、1年も経ったし、バンドもあるし私は昔のようにならないと思えていたのにその顔を出した私がとんでもなく醜かったんです(笑)

私の中には悪魔がいると(๑╹ω╹๑ )汗
とんでもない悪魔がいます(笑)

これを出さないために男性を傷つけないためには私はやはり恋愛をするべき人間ではないのかと思いつつ、一度試しても良いのではと言うバンド活動で培ったハングリー精神な自分もいます(笑)

恋愛って好きか嫌いかの感情で決まるし、傷つくことばかりだし、相手を信じるのも信じてもらうのも難しいけど、でも恋愛でしか埋まらないものや感情があるのも事実ですよね。
怖いですけど、やはり人間で生きてる以上もったいない人生を歩まないように挑戦の心をもって頑張って生きたいと思います。

私は恋愛のアドバイスはできませんが、私が体験して失敗したことはかなりの資料があるので、反面教師という形で参考にはしていただけると思いますので、聞きたい方はぜひ語りましょう(`・ω・´)キリッ 笑

P.Sそして、男性へ。
女性は、女性に相談する彼氏を嫌います。彼女に思うことは直接聴きましょう。友達だって所詮友達なんだもの。

タイトルの恋をしてる自分が本当の自分らしいというのは、よく聞くことで確かに私は醜い人間なんだなと思いました。でも良い変えると人を信じたい、人と関わっていきたいと思えている私はまだ救いの道があるのではとまた分析してまいります。

なんかこんな変な感じですみません!
ではまた来週!!!(´,,•ω•,,`)

街鳴り/Sorako(Vo./Gt.)




こちらもオススメ!

過去の連載記事

街鳴り/今日の1曲

https://youtu.be/FgWQs0sRoWA

アーティスト情報




関連記事