1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第59回

【連載】愁人の“週刊1週間の習慣”/第59回

<毎週金曜日連載>




先生 についての考察

『うずまけ!グルーヴ先生』と言う
『grunband』 のベーシスト『KIHIRA』 さんのやっている
YOUTUBEチャンネルより
10/12公開の「Groove Show!!!」と言うコラボ動画に
フリースタイルセッションで呼んで頂きました。

https://youtu.be/24V9gpToTto

まだ解禁になっていないのですが
12月頃のとあるライブにも客演で参加するとかしないとかで
すごく新たな場面が広がって行っている気がします。

せっかくなのでこの撮影の日のまでの事を
書いてみようと思います。

始まりは先月『grunband』と『愁人ワークス』が
2ピースイベントで一緒になった時に
KIHIRAさんが僕のフリースタイルを
喜んで下さったのが始まりで

フリースタイルのライブを喜んでもらえるって
すごく自分の良い所も悪い所も理解された気がすると言うか
受け止めてもらった気がして
他の喜びとはまた違った喜びが有るんですが

そこから今回のオファーを頂きまして即決でやらせてもらう事になりました。

一応ベースはこんな感じで行こうと思う!と言う案を
いくつか頂いた時に
初コラボに選んで頂いてるし
リリック(歌詞)を書いて持って行こうとも
少し思ったんですが
ふとフリースタイルのライブを喜んでもらった瞬間を
思い出しまして
あえてリリック(歌詞)を準備せずに
KIHIRAさんからもらったベースのトラックだけ何度も聞いて
当日本番に臨むことにしました。
その結果………
ちゃんと前半のバース難しいリズムに
アップアップしてましたね!(笑)

でもフリースタイルセッションで
結構それを大切にしていて
歌詞覚えて練習さえすれば
きっとラップパートとしてのラップって出来ると思うんです。

でも僕が思う即興の本質と言うか醍醐味だと考えているのが
フリースタイルってフリーなスタイルなんですが
絶対誰かのフリースタイルを見て始めるので
ある種の「なにか」っぽくラップしてしまうんですが
普段喋ってる雰囲気が僕は一番「その人」っぽい気がしていて
それに気付けたら誰でもフリースタイルって出来ると思うんです
「韻」や「リズムに乗せる」のは後からいくらでも
覚えて加えて行く事が出来るので
まずは「自分のまま」やる事かなって思う事が1つと
もう1つが「自分のまま」やるので
良くも悪くもその日の自分がそのまま出るので
リズムからズレたり、言葉に詰まったり
同じ言葉が出たり、話がブレたり
する部分もそのまま晒すという部分です。

もちろん決まったリリック(歌詞)や曲であれば
100点の演奏やパフォーマンスを目指すのかもしれませんが
シンプルにその時の自分の思う事やパフォーマンスを
伝える事で武器無しの素手のド突き合いに近い熱量を
伝えれたらと思っています。

なので
10/12公開の「Groove Show!!!」の撮影は
たしかネコレクションのARC後に撮ったものなんですが
その時の『愁人ワークス』と
『うずまけ!グルーヴ先生a.k.a KIHIRAさん』の
生のフリースタイルセッションを感じて頂ければと思います。

ここまでの文章をまとめますと
『是非見てね!』
ってことです。

ネコレクション/ハヤシライフ/愁人




こちらもオススメ!

過去の連載記事




愁人ワークス/今日の動画紹介

https://youtu.be/kdmifvsWgXs

アーティスト情報




関連記事