1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】オ客ハ読ムナ。/第15回

【連載】オ客ハ読ムナ。/第15回

<毎週土曜日連載>




ライブハウス完全攻略マニュアル①

こんにちは。倉坂です。

今週は超ありがちなタイトルをつけてみました。

しかし

そもそもライブハウスなんて完全攻略できる場所ではないし、マニュアルなんてものもない。

そんなものあったら誰も苦労しないぜ。

ないんだけど

はじめましてのライブハウスに出演する時

それがどんなシチュエーションでも有効と思われる技がひとつだけあるんです。

もう当たり前すぎる普通のことなんですけど

意外にこれできてないバンドさんがすごく多い。

当たり前すぎることなんで、今日のはお客さんも読んでも良いよ。

挨拶をしっかりする

はい。

当たり前すぎます。

「挨拶をきちんとする」

うん。

普通のことですね。

ライブハウスを攻略とか以前の問題。

人間関係を攻略する基本の「き」です。

「いやいや!!挨拶ぐらいするでしょwwww」

とか、これを読んで思ってるバンドマン諸氏よ、

本当か?

本当に出来てるか???

例えば会場入りの時の「おはようございます」という挨拶

リハーサルはじまる前の「〇〇です。よろしくお願いします」という挨拶

これぐらいは、比較的みんなしてると思うんです。

これが出来てないバンドはそもそも問題外…ということで、まずはその基本的な挨拶の習得からはじめましょう(笑)

僕が言いたいのは、そこ意外の挨拶。

さりげない挨拶。

あと意外に忘れがちな帰り際の挨拶。

この辺りを意識的にしっかりするだけで、バンドの印象がとても良くなるはずなんです。

これも意外に忘れがちなのですが、終わってからの挨拶と帰り際の挨拶。

会場入り、はじまる時は、しっかり挨拶するのに帰りは黙って帰る人、意外に多いです(笑)。

帰りは時間なくて急いでる…とか、精算してるから忙しそうだな…と気を使ってだとか、事情もそれぞれあるんでしょうけどね

ただ、一声ぐらいはかけた方が良いと思うぞ?

さてさて。

ここからは挨拶の裏技?的な話になりますが

終演後に、例えば受付だったりバーカウンターのスタッフにも、さりげなく挨拶をする。

「さりげなく」がポイントです。

その日のイベントの担当ブッキングスタッフは立場上、挨拶をしてもらえることが多いのですが

受付、バーカウンターなんかのスタッフは意外に挨拶されないでスルーされることが多いです(倉坂調べ)

どうしてもブッキング担当スタッフや、その日のPAさん、照明さんとの絡みがメインになると思うのですが

それ以外のスタッフさんへの挨拶。

きちんとできてますか?

みんなが見落としてて、忘れてしまってそうなとこでの挨拶。

これがけっこう重要な気がするんですね。

終演後、楽屋の掃除をしている時なんかに、さりげなく

「今日はありがとうございました。おつかれさまでした。」

の一言をかけるだけで、確実にあなたのバンドの印象は上がります。

そして「さりげなく」がポイントです。

ブッキングの人間は基本的にしゃべるのが仕事みたいな部分もあるので、たくさんしゃべりかけても良いと思うんですね。

PAさんや照明さんも、その日のステージの出来の話だったり、リハーサルのやり方だったり、話すネタはけっこうあると思うんです。

ただ、直接的にライブのステージ自体に関わってなかったスタッフは、挨拶されたら絶対に嬉しいとは思うんですけど、

いざ会話になっちゃった時にどう話をつなげていいか?と困っちゃうケースもあると思うんですね。

だから、さりげなく「ありがとう。おつかれさまでした。」の一言を笑顔で言えたら超好印象で終われると思うんですよ。

(もちろん会話が続きそうなら、挨拶から会話を続けて仲良くなってしまっても良いのですが)

直接的に嫌らしい書き方をするならば

普段、挨拶されてなさそうなスタッフさんにこそ、積極的、かつさりげなく挨拶をするだけでバンドの印象は上がりますよ?

という裏技です。

…いや、本来は裏技ってほどの話じゃないんですけどね。

「きとんと挨拶しよう」って普通のことしか書いてませんが。

挨拶されて嫌な人って基本的にいてないと思うのでね、一声かけるだけで各スタッフからの心証がぜんぜん違うと思います。

街鳴りのSorako様が今週のコラムに「ライブハウスは人間が作ってる」と書かれてましたが

まさにタイトルどおり、けっきょく人間なんでね。

もちろん、みんな仕事なので挨拶がないぐらいでは手は抜かないのですが、

それでも普段から挨拶してくれてたり、印象が良いバンドさんに対しては無意識にがんばっちゃうんですよ。

だって人間だから。

挨拶しないことがマイナスにはならないかもしれないけど、

挨拶するだけでプラスがいっぱいある。

「ライブハウス完全攻略マニュアル①」

などと大げさはタイトルをつけてしまいましたが、挨拶はきちんとしようぜ!!という、本当に小学校で教わるような基本的なお話でした。

あと、これバンドマン向けに書きましたけど

スタッフさんにも今日書いた内容は強く言いたい。

マネージャーさん、物販スタッフさん、カメラマンさん…

挨拶もなくて、当たり前にそこにいてて「え?あなたは誰?」ってなるケースも多い。

あなたの印象が自己責任で悪くなるのは全然いいんですけど、あなたの印象=バンドの印象になるので、バンドマン以上に裏方って挨拶しっかりしないとダメなんですけどね…。

たまに、そんなスタッフさんを見かけると残念な気持ちにはなります。

はじめたての若い子だったら、お説教じゃないですけどアドバイスぐらいははできるんですが、

ある程度の年齢やキャリアのある人だと、今さら僕らから何も言えないのでね。

挨拶、マジで大事です。

自分も人見知りだから、挨拶できずに逃げちゃう時もあるので気をつけたい限りです。

ちなみに①としましたが、②があるかはわかりません。

今回のが好評なら②も書きたいと思います。

さあ、気持ちよく挨拶をして、素敵なライブハウスライフを過ごしましょう。

ここから自分の余談ですが

先日、流行りにのっかりワクチンの二発目を投入いたしました。

若い子しか副作用で熱が出ない?みたいな噂を真に受けて、のんびりかまえてたのですが見事に発熱。

37度代の時は「たまに熱でるのも面白いな~」なんて思って楽しんでたのですが

さすがに38度まで上がった頃には、頭痛いわ、だるいわ、で、なかなか大変でした。

まだ頭がガンガンするのですが、熱は無事に平熱になりました。

熱が出るというのは、つまり体が生きようとしてがんばってる足掻いてるわけで

ああ、なんだか生きてるな~とか思いながら夜を過ごしました。

生きて来週もお会いできたら嬉しいですね。

では、シーユーネクストウィーク。

The denkibran(Vo./Gt.)&南堀江kanve(ブッカー)/倉坂直樹

こちらもチェック




過去の連載記事

The denkibran/今日の1曲

https://youtu.be/tGgjD7AiMYM

アーティスト情報




関連記事