1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第1回

【連載】街鳴りのSorako、本音しか言わん/第1回

<毎週水曜日連載>

街鳴りのSorako「実はこんな人生歩んでた!」

はじめまして!

街鳴りというバンドでギターボーカルをしております、Sorakoと申します。

どうか!よろしくお願い致します!!

ていうかお前誰やねん!(`Д´)ノ

って思われてる方がほとんどだと思いますので、自己紹介がてらに簡単な生い立ちをさせてもらいまっす!

(簡単と受け取るかどうかは個人差になりますのでご了承ください)

今年29歳女性!大阪生まれ大阪育ち!

小学2年生から中学2年生まで、母親から友達と一緒にという理由で劇団入団のオーディションを受けて合格し、NHK大阪放送児童劇団という劇団に所属。

ダンスや歌と芝居を学び、ミュージカルに出演していました。

劇団を卒団後は女優からお笑い芸人を目指す夢に変わり、高校の時に入った演劇部で仲良くなった同級生と意気投合!

その子もお笑い芸人を目指していると言われたので、漫才コンビ『とんとんてんてん』を結成しました!

学校の休憩時間にはネタ作りと練習をし、放課後は近くにあるなんばグランド花月まで出かけてお笑いライブを見つつ、お笑い芸人さんに声をかけてライブのお手伝いをさせてもらったり、自分たちが出演したりする日々を送ります。

吉本興業主催の高校生漫才大会『M-1甲子園』に出演するなど、着実に漫才の力つけてましたが、家庭の事情でお笑い芸人の夢を諦め、高卒で就職しました。

22歳で仕事を辞めてからはフリーターになると同時に「バンドマンになりたい!」といきなり思い立ち、友達のギターを借りてバンド募集掲示板に自分の歌を載せ、ギター歴0でオリジナルバンド結成します。

そのとき結成したのがスリーピースバンド、『雨のシラタマ』でした。

毎週朝までスタジオに入ったりして特訓の日々でしたが、バンドとギター弾きながら歌う大変さが身に染みてバンドが楽しくなくなっていく中、別で組んでいたコピーバンドが楽しすぎて楽しすぎて…

結局『雨のシラタマ』は辞め、コピーバンド『ULUE』を結成してしばらくやっておりました。

月1ライブするくらいの活動頻度だったものの、メンバー2人が仕事で東京に行ってしまった関係で自然消滅となり、私も自然と音楽から離れていきました。

そこからしばらく経ち、27歳でまたコピーバンドを結成!

『グッデイルーザー』というバンド名で活動を開始しました。

1月8日に初ライブを終えてこれから頑張っていこうという時に父親が癌で亡くなります。

そのショックからうつ病になった私は音楽ができなくなり、バンドは自然消滅となってしまう結果に…

そして、来たる28歳!

鬱からも復活し、また音楽を始めようと掲示板に書き込んだら、前のバンド『グッデイルーザー』のベースだったごーちゃんからメッセージが…!

また私とやりたいと言ってくれたので組むことになり、ごーちゃんが別で組んでて解散になったバンドのドラムを誘ってくれたことで、晴れて今の『街鳴り』が結成されました!

いやー、本当に運命を感じました。

私もごーちゃんとまたやれたらなと思っていたので、嬉しくてたまりませんでしたね!

これが簡単な生い立ちになります!

結果、私という人間は好奇心旺盛で思い立ったら即行動の女ということです!笑

ただ、今まで何度も挫折といいますか、いつも夢を見つけたと思ったら諦めないといけない状況になってしまうんですよ。

女優の時は1番応援してくれた母が亡くなり、お笑い芸人の時は住む家がなくなり、バンドの時は父が亡くなるなど、これまで何かの度にそれどころではなくなって諦めてきました…

しかし、今はもう絶対手放さないと決めてます!

どんな状況でもやりたい思いさえあれば、やれることを学びました。

私の大好きな言葉は、明石家さんまさんの『生きてるだけで丸儲け』です。

その言葉通り、生きてるだけでなんでもできる 、生きてるだけで幸せ!という言葉を胸に生きてきました。

ギターも歌もまだまだ修行中ですが、これからも止まらず突き進んでいくつもりです!

自分たちで作った歌が誰かの生きる糧になるように、これからも音楽やっていきます!

次回は、メンバー2人それぞれの生い立ちも聞いていきたいと思います。(個人的に気になる笑)

これからもよろしくお願い致します!

ご清聴!誠にありがとうございました。

街鳴り/Sorako

アーティスト情報

関連記事