1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第7回

【連載】インディーロックバンドTheRustと敏腕マネージャーM女史のマーブルロック対談/第7回

<隔週金曜日連載>




2頭のイルカ、機材について語る

M女史:The RustのマネージャーMです。さて、今日はふたりの使用楽器や機材の話を聞いていきたいと思います。

Su:はい、今日は『サウンド&レコーディング』ばりにディープな機材の話をしていきたいと思います。笑

A+:笑 といっても、ぼくら機材全然持ってないよね。

Su:そうだね。笑 レコーディング環境は、普段は棚に置いてあって、レコーディングのたびに机代わりのこたつに出してくるノートパソコンでしょ。笑 同じく普段は棚に置いてあって、レコーディングのたびに机代わりのこたつに出してくるオーディオ・インターフェースと普通のマイク。以上。笑

M女史:少ないわね。笑 DAWは何を使ってるの?

A+:メインのDAWはStudio One Proです。ピッチ補正は、Studio Oneに付属でついていたメロダインを使ってます。音色もほぼStudio Oneに入っているものを使ってますね。プラグインとしてはまず、ボーカルのミックス用にNector 3 plusを入れてます。ただあまり使ってないですね。ボーカルでいわゆるケロケロボイスを作る時ぐらいかな。あと、ボーカルに厚みがほしい時に薄くハモりを入れてます。次に、Neutron 3 advancedは入れてはいますが、まったく使ってないです。楽器の音色は基本的に、EQやコンプ、ディレイあたりで一から作っちゃってます。あとは、マスタリングツールのOzone 9 advancedですが、これは音圧も上がるし便利でまあまあ使ってますね。

Su:ボーカルのノイズ除去のためには、RXの上位版がほしいよね。もうちょっとRXは使いこなしたいですね。

M女史:楽器は何を使ってるの?

A+:ベースはフェンダーのプレベを使ってます。

Su:ギターはね、昔知り合いからもらったんですが、名もない古いアコースティックギターをメインで使ってます。結構弾きにくいんですけど、気に入ってずっとこれを使ってますね。状態はあまりよくなくてチューニングも甘いんですが。『Don’t stop music』のイントロのローファイっぽいギターも、『Colour』のシューゲイザーっぽいギターもすべてそのギターの音です。

M女史:そうなのね。てっきりいろいろなギターを使い分けているのかと思ってたわ。

Su:ぼくらのバンドはギターが大切なのですが、だからこそ気に入っているギターを使いたいですね。

A+:ぼくらは、出てきた音さえいい音ならそれでいいと考えていて、楽器や機材にはあまりこだわりがないです。それよりも、理想の音を作るためには、幅広く音楽を聴いていたり、豊かで鋭い感性を持っていることなどが求められると思いますね。

M女史:そういえば、新曲もいろいろできてきてるんですってね。発表を楽しみにしてるわ。ではまた来週!

The Rust

こちらもオススメ!

過去の連載記事

The Rust/今日の1曲

https://youtu.be/NoUONhtJwlI

アーティスト情報




関連記事