1. HOME
  2. ブログ
  3. 【連載】青い紫陽花VONの人生漂流記/第2回

【連載】青い紫陽花VONの人生漂流記/第2回

<隔週火曜日連載>




成長ってなんだろう?

みなさんいかがお過ごしでしょうか?
VONです。

夏が好きな僕としてはこのまま夏が終わってしまうのではないかと
心配しながら毎日を過ごしております。

最近、夏短くなってないかなー?
去年あたりから?

残暑って10月ぐらいまである気分で生きてるんやけども
もっと夏したいなー!

がんばれ!太平洋高気圧!

まあそんなこんなで始まりました第二回!
今回のテーマは成長

ひねくれた僕が最近つくづく思うのですが

成長って自分では分からんなーと思うんですよ。

おそらく、自分的には17歳ぐらいから何も変わってない気がする。

成長したかどうかってやはり他人から見られてどうかにかかってるのかなと
自分を無理に納得させているのですが

ただ、ひねくれている僕は「勝手に決めるなボ○」
お前に俺の何が分かるねんと言いたくなる時がある。

特に研修の締めの言葉で言われるあれには腹が立つ

「君たちはこの研修が始まる前と比べて、見違えるほど顔つきが変わり、成長したよ」

うるさいわ

短時間一緒に過ごしただけで何が分かるねんと

成長を判定してくれるのは
濃い時間一緒に見てくれていた人じゃないと
ダメなんだなと
一つ思う。

あー難しい。

明確な指標があれば仮にそれを成長の証とできるかもしれない

例えば、資格とかね。

と思ったけど資格も取ってからがスタートで
実務できないとただのお飾りだしなー

あー難しい。
成長って!

そんな成長というものが分からない僕に
成長を教えてくれたひとがいる。

それはスーパーでレジバイトをしている男の子だ。

僕がこの町で一人暮らしを始めてもうすぐ4年になるのだけど

彼がバイトを始めたのもおそらく僕が引っ越してきてからすぐの頃だと思う。
当時彼は高校1年生(知らんけど)
高校入りたてでバイト始めた感じの初々しさがあった。

研修中と名札に付けられた彼のレジはとにかく遅かった。
そうレジレベルでいうとレベル1

バーコードの読み取りは遅ければ、袋に品物を入れるのも遅い
接客もまだ恥ずかしさがあるのかたどたどしい。

仕事終わりに最低スーパーに2店舗以上行くスーパー好きの僕は
店員にレジレベルを付けて並ぶかどうか決めている。

仕事終わりのスーパーは買い物をしたらとにかく早く帰りたい気持ちでいっぱいになるし、
そんな夜のスーパーは半額の時間帯もあってか行列ができる。

せっかちな大阪人はいかに人が少ない列に並ぶかに命をかけている。

この時、列の人数だけを見ている客はまだまだである。

一つ上のレベルにいくと客が持っている品物の数と手間の掛からない品物かどうかまでを考え
所要時間を計算する。

ただこれでもまだ足りない。

もう一段階上になると店員のレジレベルまで把握して列に並ぶ。

そうレジレベルが最も大事になってくるのだ!

いくら客が並んでいようが品物が多かろうが

店員のレジレベルが一番重要でボトルネックとなってくる。

混んでいるのにレジレベルが低いレジには列ができないけれど
レジレベルが高い人のレジにはさらに長蛇の列ができている。

何も知らず、
あるレジレベルの低いおばちゃんのレジに入ってしまったことがあって

会計終わった後に
なんか想像していたより高いなーと思っていたら
割引分が引かれていなかった。

クレジットで払っていたので差額分の払い戻しをしてもらわないといけないのだが
払い戻しにかかった時間は10分以上

やってしまった。

また別の機会に、
空いていたのでこのおばちゃんのレジに入ると
同じミスがあり、
またも待ち時間10分以上

もう二度とこのおばちゃんのレジに入らないと決心した。
このおばちゃんのレジレベルは1
ずっとこのまま成長せず1のままなのであろう。

その点、先ほど紹介した男子高校生は違う。

最初はレジレベル1認定をしていて、
あまり彼のレジに並ばず、本当に空いている時しか並ばなかったけども

1年、さらに1年と成長を遂げ

品物が少なければお金を出している間に
さっとレジ袋に品物を入れてくれる。

セルフレジの分からないお客さんの問い合わせ対応も難なくこなしている。
辿々しい接客ではなくハキハキと応えている。

もう幼き彼はいない。

もうレジレベル5だ!

レジレベル5のスタメンの仲間入りだ!

僕はそう確信した。
これが成長か!

相手を思いやり行動する
ホスピタリティー
これが成長なんだと!
レジが早いだけではレジレベル4だと思う。

自分のことだけではなく
相手のことまで考えて行動できて
初めて成長なんだとレジレベル5なんだと!

まぁ半分冗談で書きましたけど
自分では分からないし、バンドマンなので
お客さんから見てかっこよくあれるよう日々精進していきます!

最後に、先日Knaveとの共催企画を終えたばかりの青い紫陽花ですが

10月7日に続けてKnaveと共催を行います。

ボクらの南堀江
〜会場復活への道〜

ミナミホイールの前日です。

みなさん知っていましたか?
悲しいことに南堀江Knaveは今年から会場から除外されています。

理由は分かりませんがボクらのKnaveが仲間外れは寂しい。

そんなKnaveがもう一度会場に仲間入りできることを祈り、
また、FM802さんに対してリスペクトかつ愛のある主張をできれば
と思い開催させてもらいます。

どうかお越しくださいませ!
詳細ととのい次第発表させて頂きます!

どうぞよろしくお願い致します!

ではこの辺で!
青い紫陽花VON

青い紫陽花 /VON(Ba.)

こちらもオススメ!

過去の連載記事

青い紫陽花/今日の1曲

https://youtu.be/qwGRaHGE5s4

アーティスト情報




関連記事